ヘアメディカルプラス

あなたの髪の悩みを解決する専門メディア

髪の悩みガイド

AGAを改善するためにおすすめの食べ物

発毛や髪の毛の成長を促すためには、タンパク質・ミネラル・各種ビタミンをバランスよく摂取しなければなりません。

中でもタンパク質は、髪の毛の構成に欠かせない栄養素であり、不足するとAGAに限らず薄毛を進行させてしまいます。また、必須とされる栄養素として、ミネラルのひとつである亜鉛もタンパク質の合成や、細胞の成長に欠かせないものです。

今回は、AGAだけでなく薄毛の改善につながる栄養素が含まれる食べ物をいくつかご紹介すると共に、バランスの取れた食生活を作るためのポイントについてもご紹介します。

タンパク質の持つ役割と多く含まれる食べ物は?

平山信夫 医師
AACクリニック名古屋
平山信夫先生

髪の99%はたんぱく質。タンパク質は発毛や髪の毛の成長に欠かせない栄養素です。

髪を構成する主成分はケラチンと呼ばれるタンパク質の一種であり、タンパク質は髪を作る重要な栄養素です。

体内に入ったタンパク質はアミノ酸に分解され、貯蔵された後、皮膚や爪、髪の毛として再合成されます。また、タンパク質は細胞組織だけでなく、酵素やホルモン、免疫物質にも働きかける成分です。仮にタンパク質が不足するとAGAを進行させるだけでなく、筋肉量の低下や集中力・思考力の低下など、あらゆる不調を招く恐れがあります。

そんなタンパク質が多く含まれる食品の代表が、大豆製品です。大豆そのものはもちろんのこと、豆腐や納豆、豆乳など、比較的身近な食品にも多く含まれています。肉類にもタンパク質は豊富に含まれており、牛肉や豚肉、鶏肉などもタンパク質を効率的に摂取できる食べ物です。

なお、糖質が不足すると生命を維持するためのエネルギーを十分に確保できなくなり、タンパク質がエネルギーへと変換・消化されます。どれだけタンパク質を摂取していても、適切な量の糖質を同時に摂取しなければ、タンパク質不足の原因となるので注意してください。

短期間で成果があげられる糖質ダイエットが最近話題ですが、極端な糖質の制限は毛髪の健康を害する場合がありますので、ダイエット中の方は注意しましょう!

目次へ戻る

ミネラルの持つ役割と多く含まれる食品は?

平山信夫 医師
AACクリニック名古屋
平山信夫先生

必須ミネラルに含まれる亜鉛は、タンパク質やホルモンの合成・分泌の調節に欠かせない栄養素であり、カキや豚レバー、ウナギに多く含まれています。

亜鉛は、タンパク質源を魚類に頼っている日本人が不足しがちな栄養素です。タンパク質の合成に欠かせない物質でもあるため、不足するとAGAの進行が加速する可能性があります。AGA治療の観点からいうと、可能な限りタンパク質と同時摂取するのが望ましいです。

亜鉛が豊富に含まれる食品は、カキや豚レバー、ウナギ、アーモンドなどのナッツ類。比較的、身近な食品にも含まれていますが、食べる頻度がそれほど多くない食品も目立ちます。亜鉛不足を解消するためにも、これらの食品を意識的に摂取するよう心掛けてください。

目次へ戻る

ビタミンとその役割、多く含まれる食品は?

平山信夫 医師
AACクリニック名古屋
平山信夫先生

ビタミンB群はタンパク質などの栄養素が働くことをサポートして代謝を促します。頭皮環境を改善する役割があり、ニンニクやまぐろ、牛レバーなどに多く含まれる栄養素です。

ビタミンB群は髪の主成分であるケラチンの合成を助けてくれるため、前述したタンパク質や亜鉛同様、バランスよく摂取することが大切です。

ビタミンB群はニンニクやまぐろ、牛レバー、酒粕などに多く含まれていますが、これらの食品を摂取する機会が少ない方は、サプリメントで補うのも有効です。

また、ビタミンAやEは頭皮の血流を促進し毛母細胞に酸素や栄養素がいきわたりやすくなるのを助け、ビタミンCは髪や肌はもちろんのこと、抗酸化力、免疫力を高める働きがあるといわれています。

医食同源ともいいますが、身体はもちろん、毛髪の健康を維持するためには、バランスの取れた食事をこころがけましょう。

目次へ戻る

AGA・薄毛治療についての無料カウンセリングや
初診のご予約はこちらから

費用や効果などの相談をしたい方

ご相談はこちら(無料)

AGA・薄毛の治療をお考えの方

専門の医師に診てもらう

薄毛治療の専門クリニック紹介

あなたにオススメの記事をチェック