ヘアメディカルプラス

あなたの髪の悩みを解決する専門メディア

髪の悩みガイド

生え際の薄毛に対してAGA治療は効果がある?

薄毛はその症状から原因を特定できるケースも少なくありません。例えば、前頭部(生え際)から薄毛が進行している場合、AGA(男性型脱毛症)が原因である可能性が高まります。AGAには5αリダクターゼ(5α還元酵素)という酵素の働きを抑制する、プロペシア錠やザガーロカプセルといった治療薬が有効です。

今回は、生え際から進行していく薄毛の治療法について解説します。

AGA治療薬の種類とその効果は?

照島雅之 医師
Dクリニック福岡
照島雅之先生

AGA治療にはプロペシア錠やザガーロカプセル、ミノキシジル外用薬といった治療薬を用いるのが基本です。

AGAの代表的な治療薬にプロペシア錠やザガーロカプセル、ミノキシジル外用薬があります。各治療薬の特徴と具体的な作用は以下の通りです。

・プロペシア錠
プロペシア錠はフィナステリドというAGA症状に対する有効成分を配合した内服薬です。もともとは前立腺肥大症の治療薬として開発されたものの、同時に発毛効果が認められたことから、男性型脱毛症用薬として製造されるようになりました。
フィナステリドの作用としては、AGAが発症する原因物質であるジヒドロテストステロン(DHT)の産生を抑えます。厳密にいうと、ジヒドロテストステロンの生成に繋がる5αリダクターゼという物質の働きを阻害するのです。AGAの根本的な原因に直接作用するため効果があると考えられています。
一般的なクリニックや皮膚科で処方されるプロペシア錠は0.2mg、1mgと規格があり患者様ごとに副作用のリスクなども異なるため医師が適切な含有量を判断して処方しています。なお、前立腺肥大症の治療に用いられるフィナステリドの量は1日あたり5mgとなっていますが、AGA治療においては1日あたり1mgが上限です。

・ザガーロカプセル
ザガーロカプセルにはデュタステリドという有効成分が配合されています。治療薬としての作用は上記のプロペシア錠同様、5αリダクターゼの活動を抑制するというものです。しかし、この5αリダクターゼには1型と2型の2種類が存在します。
1型は全身に分布しており、2型は頭頂部や前頭部に多く存在することがわかっています。プロペシアの有効成分であるフィナステリドは2型に作用するのに対し、デュタステリドは1型および2型に作用するのが特徴です。

・ミノキシジル外用薬
ミノキシジルは外用薬として用いるのが基本となります。ミノキシジルは毛包に直接作用し、毛母細胞の分裂を活性化させることで、発毛や髪の成長を促します。加えて血行促進効果もあることから、頭皮環境の改善につながるのです。
なお、フィナステリドやデュタステリドとは作用機序が異なるため、これらは併用が可能です。

目次へ戻る

AGA治療の効果が現れるまでの期間は?

照島雅之 医師
Dクリニック福岡
照島雅之先生

治療効果が現れる期間には個人差があります。一般的には4~6ヶ月程度の治療期間が必要です。

AGA治療の効果が現れるまでの期間には、頭皮のヘアサイクルが大きく関わっています。ヘアサイクルは人によって異なるため、効果が現れるまでの期間にも個人差がうまれるのです。一般的にプロペシア錠やザガーロカプセル、ミノキシジル外用薬を用いた治療の場合、効果が現れるまでの期間は約6ヶ月。最低でも半年は治療を継続しなければ効果を実感できない場合があります。

目次へ戻る

AGA治療による効果が現れない理由とは?

照島雅之 医師
Dクリニック福岡
照島雅之先生

薄毛の原因が生活習慣やストレスにある場合、AGA治療薬のみでは改善できないケースもあります。

適切な投薬による治療を一定期間しても効果がない場合、生活習慣の乱れやストレスが薄毛の原因である可能性が高まります。特に注意したいのが食生活の乱れです。発毛や髪の成長に欠かせないタンパク質や亜鉛、各種ビタミンが不足すると、AGA治療を行っても十分な効果が得られません。これは過度なストレスによる脱毛も同様です。治療と同時に生活習慣の見直しや、ストレスケアで対処しましょう。

目次へ戻る

AGA・薄毛治療についての無料カウンセリングや
初診のご予約はこちらから

費用や効果などの相談をしたい方

ご相談はこちら(無料)

AGA・薄毛の治療をお考えの方

専門の医師に診てもらう

薄毛治療の専門クリニック紹介

あなたにオススメの記事をチェック