ヘアメディカルプラス

あなたの髪の悩みを解決する専門メディア

髪の悩みガイド

手軽にできるAGA遺伝子検査

AGA(男性型脱毛症)は「アンドロゲンレセプター遺伝子検査」をすることで、先天的な要因によって発症しやすい体質か否かを判断できます。当然、頭髪治療の専門クリニックでも遺伝子検査を受けられますが、今日では、自宅で簡単にできる検査キットも販売されています。

今回は、AGA検査の具体的な内容をはじめ、検査によって得られる判断材料についてもご紹介します。

AGAは遺伝する?

照島雅之 医師
城西クリニック福岡
照島雅之先生

AGAを引き起こすアンドロゲンレセプターの感受性は遺伝子情報によって決まるため、遺伝する可能性は十分に考えられます。

AGAと遺伝子情報には密接な関係があります。AGAはジヒドロテストステロンというホルモン物質により発症する脱毛症の一種です。メカニズムとしては、毛乳頭細胞内にあるジヒドロテストステロン(DHT)が毛母細胞を委縮させ、ヘアサイクルの成長期を阻害し、薄毛が引き起こされます。

そもそもジヒドロテストステロンは、体内にあるテストステロンと5αリダクターゼ(5α還元酵素)が結びつくことで生成されるホルモン物質です。代表的なAGA治療薬であるプロペシア錠やザガーロカプセルは、AGAの根本的な原因といえる5αリダクターゼの働きを阻害する効果があります。このようにAGA症状のメカニズムは明確になっています。だからこそ、今日のAGA治療に用いられているわけです。

この発症メカニズムの中で、特に遺伝子との関わりが深い物質がアンドロゲンレセプター遺伝子です。テストステロンからジヒドロテストステロンに変化した男性ホルモンの影響をこのアンドロゲンレセプターが受け止めて、ヘアサイクルを短くする指令を出します。アンドロゲンレセプターの感受性の違いでAGAの進行は変わるため、アンドロゲンレセプターの遺伝情報はAGAに関わってきます。

目次へ戻る

AGA遺伝子検査の費用は?わかることは?

照島雅之 医師
城西クリニック福岡
照島雅之先生

AGAリスク遺伝子検査を行うことで、薄毛発症リスクと治療薬の効きやすさがわかります。

ヘアメディカルで行っている遺伝子検査によって得られる判断材料は、大きくわけて2つです。

ひとつは遺伝的なAGAの発症リスクです。「アンドロゲンレセプター遺伝子検査」で、アンドロゲンレセプターの感受性を判別することで、AGAを発症しやすいか否かがわかります。

そしてもうひとつが、「AGAリスク遺伝子検査(AGA関連遺伝子発現量の測定)」でプロペシアをはじめとする5α-還元酵素阻害薬の効きやすさです。これは治療方針を決める重要な判断材料となります。 検査結果が出るまでの期間は1ヶ月程度です。後に専門の医師から結果を知らされ、適切な治療薬の選択に移ります。なお、AGAリスク遺伝子検査の検査費用は19,000円(税別)です。このほかに5,000円(税別)の初診料が必要となります。

これらの検査とは別に、「ミネラル検査」を受けると体内の必須ミネラルと有害ミネラルのバランスを見る事が出来ます。体の潤滑油と言われるミネラルは不足すると様々な症状が出ますが、髪の毛の成長にも関わる事です。健康的な髪の毛のためにも、気になる方は検査を受けてみてはいかがでしょうか。

目次へ戻る

AGA検査キットの種類と使い方

照島雅之 医師
城西クリニック福岡
照島雅之先生

一般的にAGA検査キットはスワブ式と唾液式の2種類が存在します。それぞれ検査手順が異なるため、取り扱い説明書には必ず目を通してください。

AGA検査を受けたいものの、専門のクリニックに足を運ぶ時間がないという方はAGA検査キットをお試しください。
検査キットは綿棒で口腔内の粘膜をこすり取るスワブ式と、唾液を採取する唾液式の2種類があります。手順通りに採取した検体を専門機関に返送すると、3~4週間ほどで検査結果が送られてくる仕組みです。

AGAをすでに発症している場合は、できるだけ早く適切な治療を受ける必要があります。もし治療を前提に考えているならば、検査キットではなく、早い段階で頭髪治療の専門クリニックを利用しましょう。市販の検査キットよりもクリニックでの検査の方が精密です。すでに薄毛でお悩みの方は、一度専門の医師による検査・診察を受けてみてはいかがでしょうか。

目次へ戻る

AGA・薄毛治療についての無料カウンセリングや
初診のご予約はこちらから

費用や効果などの相談をしたい方

ご相談はこちら(無料)

AGA・薄毛の治療をお考えの方

専門の医師に診てもらう

薄毛治療の専門クリニック紹介

あなたにオススメの記事をチェック