ヘアメディカルプラス

あなたの髪の悩みを解決する専門メディア

髪の悩みガイド

AGA治療にかかる費用は? 保険適用の有無について

AGA治療は、効果を実感できるまで最低でも6カ月間は続ける必要があるため、治療費も一度払ってすぐ終わるものではありません。しかもAGA治療には健康保険が適用されず、治療費の全額を自費で支払うという点に注意が必要です。治療費の総額は、通院する医療機関や治療内容によってかなり異なりますが、ヘアメディカル関連のAGA専門クリニックでは、一人ひとりの症状に合わせた細やかな治療を行っているため、費用は1回につき約10,000円~32,000円(税別)程度がかかります。

AGA治療を本格的に始めるのであれば、治療に必要な費用について、あらかじめ把握しておくことが大切です。今回は、ヘアメディカル関連クリニックでのAGA治療にかかる費用や保険適用の有無、個人通販を利用した自己治療の危険性などについてご紹介します。

AGA治療にかかる費用はどれくらい?

費用は通院する医療機関によって異なりますが、ヘアメディカル関連クリニックの治療費は、単剤処方で初回11,000円~14,500円(税別)、アドバンスト発毛治療で初回10,000円(税別)です。

AGA治療は、主にAGA治療薬を用いて行う治療と、薬剤以外で行われる治療の2種類に分かれます。 AGA治療薬による治療では、主にプロペシア(フィナステリド)やザガーロ(デュタステリド)といった内服薬や、ミノキシジルなどの外用薬が使用されます。 薬剤以外の治療では、メソセラピーやHARG、植毛やレーザー治療などといった治療法を用います。

ヘアメディカル関連クリニックでは、患者様一人ひとりの状態に合わせて、AGA治療薬を用いた治療を実施しています。 初回来院時はカウンセリングや触診、血液検査などを受けていただくことからスタート。AGAに精通した医師が進行状況や患者様の悩みなどを正しく理解した上で、治療薬の選択や飲み方から、健やかな髪を生やすために必要な睡眠や食事などの生活習慣まで、適切な治療法を総合的にご提案します。薬の効果が出る時期や副作用の危険性など、不安に思われる点についてもしっかりと説明を行いますので、安心して治療に取り組んでいただくことができます。また、治療中は写真撮影による比較やマイクロスコープを使った頭皮の観察で、発毛の進行状態を定期的に医師がお伝えするため、AGAの改善状況が正しくわかり、前向きな気持ちで治療を続けられます。ほとんどの方が治療開始から4~6カ月で発毛の兆候を感じています。

ヘアメディカル関連クリニックでかかる費用は、それぞれ下記の通りです。

  • 単剤処方
    AGAの進行を抑制し、抜け毛を防ぐことを目的とした治療です。髪の毛が生えるヘアサイクルが改善し、髪の寿命が長くなるため、増毛効果が期待できます。
    初回の治療費…11,000円~14,500円(税別)
    2回目以降の治療費…22,000円~32,500円(税別)/3カ月分
  • アドバンスト発毛治療
    ヘアメディカル関連クリニック独自の院内処方薬を利用した、発毛を目的としたより積極的な治療です。一人ひとりの症状や体質に合わせたオリジナルの処方薬で治療を行います。
    初回の診察・検査費…10,000円(税別)
    2回目以降の治療費…15,000円~32,000円(税別)
  • 提携クリニックにより価格が異なりますので詳細は各クリニックの価格表にてご確認ください。

薄毛治療を専門としていないクリニックは、簡単な問診で診察が終了する場合があり、治療薬を出して治療が終了してしまいます。ご自分が思い描く治療を受けることができないということもあるでしょう。また、広告で安い治療費用を謳っていたとしても、実際には高い治療を勧められるケースも少なくありません。通院を検討する際は、以下の点をぜひチェックしてみましょう。

  • 初診の時に医師がきちんと話を聞いてくれる
  • 頭皮の状態を、スコープなどでチェックしてくれる
  • 薬の使い方を丁寧に教えてくれる
  • HPや広告に掲載されている費用以外の高額な治療を勧めない
  • 生活習慣の指導をしてくれる
  • 院内が清潔
  • 医師が頭髪に関する学会等に参加している(新しい治療の知識が豊富)
  • 看護師やスタッフが親切

発毛治療は、長期間通院することになりますので、ぜひ信頼できるクリニックを選んでください。

目次へ戻る

なぜ健康保険が適用されない?

AGA治療は、自由診療に該当するためです。

自由診療とは、厚生労働省が保険診療の適用を認めていない診療です。健康保険を使用することができないため、治療費は全額が患者様の負担となります。 一般的に自由診療は「健康を害する疾患の改善以外で行われる治療」であることが多く、例えば美容のための診療などもそれにあたります。AGA治療も見た目を改善するために行われる診療であるため、自由診療に該当するのです。

目次へ戻る

個人通販で安い治療薬が手に入るけれど、購入・使用しても大丈夫?

通販で買えるものは海外製の薬剤であり、偽装品や粗悪品の場合、身体に悪影響を及ぼす可能性も高いため、購入や使用は控えたほうが賢明です。

インターネットなどの個人通販サイトにおいて、海外で製造されているプロペシア(フィナステリド)が医療機関で提示される価格よりも安く売られていることがあります。有効成分が同じであるため日本製のものとさほど違いはありませんが、成分の効き目が強すぎて日本人の体に合わない可能性もあります。また、買った薬剤が粗悪品や偽装品だったというケースも実際に起こっており、厚生労働省から注意喚起がなされています。

日本では、プロペシア(フィナステリド)を購入するためには医師の処方箋が必要です。プロペシアはAGA以外の脱毛症を改善する効果はほとんど期待できないため、AGA検査で薄毛の原因を明らかにしてから服用するかどうかを決定する必要があります。薄毛の原因がはっきりしないまま通販で購入したプロペシアを服用しても、原因が別にあった場合にはいつまでも薄毛が改善せず、お金の無駄に終わることになります。また、インターネットで安く購入しても、それが正規品なのか粗悪品・偽装品なのかを判別することは極めて困難です。自分の健康を守るためにも、また効率的に薄毛を改善するためにも、まずはAGA検査を受け、医療機関で正しい薬の処方を受けましょう。

また近年では、ファイザー株式会社や沢井製薬株式会社などから、プロペシアのジェネリック医薬品が販売されています。ジェネリック医薬品は新薬と同じ有効成分を用いているのにもかかわらず、開発期間を要していないため新薬よりも低価格で販売されている薬です。ジェネリック医薬品を取り扱っている医療機関も増えており、安価でも同じ効果を持ち、安全性の高い治療薬を手に入れることができます。AGAにお悩みで、治療価格の高さがネックとなって個人通販を試そうとしている方は、まずジェネリック医薬品を考えてみましょう。

目次へ戻る

AGA・薄毛治療についての無料カウンセリングや
初診のご予約はこちらから

費用や効果などの相談をしたい方

ご相談はこちら(無料)

AGA・薄毛の治療をお考えの方

専門の医師に診てもらう

薄毛治療の専門クリニック紹介

あなたにオススメの記事をチェック