ヘアメディカルプラス

あなたの髪の悩みを解決する専門メディア

髪の悩みガイド

3種(プロペシア/ザガーロ/ミノキシジル)のAGA治療薬の効果・副作用の比較

プロペシアやザガーロを用いたAGA治療薬を服用することで、薄毛の進行を遅らせることができます。なお、どちらも副作用として、リビドー減退や勃起機能不全、肝機能障害などが報告されています。 ミノキシジルは、髪の毛の成長を促す育毛剤に用いられる成分です。主な副作用として、塗布部位のかゆみや皮膚炎、めまいや血圧上昇などが報告されています。 AGA治療のためには、これら3種のAGA治療薬の違いをしっかりと理解する必要があります。今回は、プロペシア・ザガーロ・ミノキシジルの効果や副作用をご紹介します。

プロペシアとザガーロはどちらがおすすめ?

AGA治療を行う際には、まず安全性の高いプロペシアを服用して、効果が現れない場合に医師と相談した上でザガーロを服用することが望ましいといえます。

プロペシアとザガーロの大きな違いは、有効成分です。プロペシアの有効成分は「フィナステリド」であり、ザガーロの有効成分は「デュタステリド」です。どちらの有効成分も、AGAを引き起こす「5αリダクターゼ(5α還元酵素)」と呼ばれる酵素の働きを抑制します。なお、5αリダクターゼにはⅠ型とⅡ型があり、フィナステリドは5αリダクターゼⅡ型の働きを抑制して脱毛の進行を遅らせますが、デュタステリドはⅠ型とⅡ型の両方の働きを抑制します。

副作用の発生頻度はどちらも稀ですが、肝機能障害といった重篤な症状も確認されています。そのため、AGA治療を行う際には、まず安全性の高いプロペシアを服用して、効果が現れない場合に医師と相談した上でザガーロを服用することが望ましいといえます。

目次へ戻る

ミノキシジルだけでAGA対策はできますか?

ミノキシジルだけではAGAの改善は難しいといえます。

ミノキシジルは血管を拡張させることで血流を改善し、髪の毛の成長に必要不可欠な栄養を頭皮に届きやすくします。髪の毛の成長を促進させるため、薄毛の治療にはとても効果があります。

しかし、AGAの進行を遅らせるためには、原因となる5αリダクターゼの働きを阻害しなくてはならず、ミノキシジルにその効果は認められていません。効果的なAGA治療にするためにも、プロペシアやザガーロとの併用が推奨されています。プロペシアやザガーロで脱毛の進行を抑制しながら、ミノキシジルで発毛・育毛を促進させることで、AGA改善に高い効果が期待できます。

目次へ戻る

女性でも使用できますか?

ミノキシジルは使用しても大丈夫ですが、プロペシアとザガーロは使用してはいけません。

プロペシアとザガーロは成人男性専用のAGA治療薬であり、女性の薄毛に対して効果はほとんど期待できません。特に、妊婦やその可能性がある女性がプロペシアやザガーロを服用すると、その胎児が男児の場合には外性器の正常な発達が阻害される恐れがあります。

服用だけでなく、プロペシアやザガーロの錠剤が割れている場合には触ることも控えましょう。有効成分であるフィナステリドとデュタステリドはどちらも経皮吸収される特徴を持つため、皮膚に付着しただけでも成分が体内に吸収されます。もしもプロペシアやザガーロを服用した、または割れているプロペシアやザガーロに触ってしまった場合には、速やかに医師に相談することが大切です。

対して、ミノキシジルには性別による制限はなく、女性でも使用できます。女性の脱毛症にはミノキシジルが最も推奨される治療法であるため、積極的に使用しましょう。

目次へ戻る

AGA・薄毛治療についての無料カウンセリングや
初診のご予約はこちらから

費用や効果などの相談をしたい方

ご相談はこちら(無料)

AGA・薄毛の治療をお考えの方

専門の医師に診てもらう

薄毛治療の専門クリニック紹介

あなたにオススメの記事をチェック