ヘアメディカルプラス

あなたの髪の悩みを解決する専門メディア

髪の悩みガイド

AGA治療は何科で行う?皮膚科と専門クリニックの違いや選び方について

一般的に、AGA治療は病院の皮膚科か、AGA専門のクリニックで行われます。皮膚科では主に内服薬の処方が行われ、AGA専門のクリニックではさまざまなチェックを通して一人ひとりに合った治療が施されます。本格的にAGA治療に取り組むためには、さまざまな治療法を提供しているAGA専門のクリニックを通院先として選びましょう。 効率的なAGA治療のためには、医療機関の選び方が大切です。今回は、AGA治療を受ける医療機関の選び方についてご紹介します。

AGA治療薬のフィナステリド(プロペシア)やデュタステリド(ザガーロ)にはどのような効果がある?

どちらも、AGAを引き起こす5αリダクターゼ(5α還元酵素)の働きを阻害する効果があります。

AGAは、代表的な男性ホルモンであるテストステロンと5αリダクターゼの結びつきによって生成されたジヒドロテストステロンが、毛乳頭細胞にある男性ホルモン受容体に作用することで発生します。AGAによる脱毛の進行を抑えるためには、ジヒドロテストステロンの生成に関わる5αリダクターゼの働きを阻害する必要があります。プロペシアにもザガーロにもその効果があるため、積極的に治療に用いられています。

目次へ戻る

AGA治療を受けるなら、皮膚科?それとも専門クリニック?

患者一人ひとりにあった治療が行われるため、AGAの改善に取り組むのであれば専門クリニックがおすすめです。

AGA治療の基本は上述したフィナステリド(プロペシア)やデュタステリド(ザガーロ)の内服薬処方であり、皮膚科でも専門クリニックでもそれは共通しています。なお、専門クリニックでは内服薬処方の他にもさまざまな治療法が用意されています。

ほとんどの専門クリニックでは、初回来院時にカウンセリングや血液検査を行うことで、患者一人ひとりに合った適切な治療が施されます。例えば、人によってはフィナステリド(プロペシア)やデュタステリド(ザガーロ)の成分にアレルギー反応を示す場合がありますが、あらかじめ血液検査によってアレルギー反応を起こす可能性の有無を調べておけば、別の治療法を試みることができます。

病院の皮膚科では内服薬の処方以外には触診と症状の経過の確認のみが行われることがほとんどです。そのため、効率的にAGAを改善するためには専門クリニックで治療を受けることがおすすめです。

目次へ戻る

プロペシアやザガーロ以外に、どのような治療法がある?

ミノキシジルやアデノシンの塗布、植毛などがあります。

ミノキシジルは頭部に直接塗布することで、血管を拡張させて血の流れをよくし発毛を促す薬です。一般的に日本では外用薬が用いられており、フィナステリド(プロペシア)やデュタステリド(ザガーロ)と併用することで効率的にAGA改善を行うことができます。

アデノシンはミノキシジルと同じような効能を持つ物質であり、実験によってAGAに対する有用性が認められています。そのため、アデノシンをフィナステリド(プロペシア)やデュタステリド(ザガーロ)と併用すれば、相互的なAGA改善効果が期待できるでしょう。

植毛術には、主に自毛植毛術と人工植毛術のふたつがあります。このうち、自毛植毛術は過去の臨床結果から高い生着率が得られているため、AGA治療のひとつとして取り入れることができます。一般的に、フィナステリド(プロペシア)やデュタステリド(ザガーロ)、ミノキシジルといった方法で効果が出なかった場合の最終手段として用いられています。反対に、人工植毛術はこれまで術後におけるさまざまな弊害が報告されているため、AGAの改善のためには非推奨の治療法といえます。

レーザーには低出力レーザーまたはLEDレーザーがあり、どちらも頭部に照射することで発毛を促すとされています。副作用がほとんど報告されておらず、安全性は高いAGA治療法です。

AGA専用のクリニックの中でも、取り扱っている治療法は店舗によって異なります。上述の治療法の他にも、さまざまな治療法を用意しているクリニックもあります。より自分にあった治療法を選択できるように、いろいろなクリニックを比較して通院先を選びましょう。

目次へ戻る

AGA・薄毛治療についての無料カウンセリングや
初診のご予約はこちらから

費用や効果などの相談をしたい方

ご相談はこちら(無料)

AGA・薄毛の治療をお考えの方

専門の医師に診てもらう

薄毛治療の専門クリニック紹介

あなたにオススメの記事をチェック