ヘアメディカルプラス

あなたの髪の悩みを解決する専門メディア

髪の悩みガイド

AGA治療は何科で行う? 皮膚科と専門クリニックの違いや選び方について

AGA治療は、病院の皮膚科またはAGA専門のクリニックなど、幾つかの医療機関で受けることができますが、効率的なAGA治療を行うためには、各医療機関が行っている治療内容や評判、評価などを比較検討し、適切な治療場所を選ぶことが大切です。本格的にAGA治療に取り組みたいなら、やはり一人ひとりに合った治療を検討し、さまざまな治療法を提供しているAGA専門のクリニックを通院先として選びましょう。今回は、AGA治療を受けられる医療機関の治療内容や、その選び方についてご紹介します。

AGA治療を受けるなら、皮膚科?それとも専門クリニック?

皮膚科で行われる治療は、AGA治療薬の処方のみ。治療薬の処方も含めて患者さん一人ひとりの状態に合わせた専門的な治療が行える、AGA専門のクリニックをおすすめします。

AGA治療の基本は、AGA治療薬であるプロペシア(フィナステリド)やザガーロ(デュタステリド)の内服薬処方です。AGAは、男性ホルモンの一種であるテストステロンと5αリダクターゼと呼ばれる酵素が結びついて生成されたジヒドロテストステロンが、毛乳頭細胞にある男性ホルモン受容体に作用することで発生します。プロペシアやザガーロには5αリダクターゼの働きを阻害し、AGAによる脱毛の進行を食い止める効果があるため、AGA治療に積極的に用いられています。

皮膚科でも専門クリニックでも、AGA治療薬を処方するのは同じです。ただし皮膚科の治療は薬の処方のほか、触診と症状の経過の確認を行うのみに留まることがほとんど。発毛までの期間や発毛状況の細かなチェック、そして治療薬の副作用など、患者さんが不安に思う点について詳しく伝えるのは難しい状態です。

専門クリニックでは、毛髪や頭皮について知識と経験を備えた医師が、患者さん一人ひとりに合った適切な治療を進めています。初回来院時はカウンセリングや触診、血液検査などを行い、AGAの進行状況や患者さんの悩み・ご希望を的確に捉えるとともに、症状や体質に合わせた治療法をご提案します。例えば、人によってはプロペシアやザガーロの成分にアレルギー反応を示す場合がありますが、血液検査であらかじめ判明していれば、最初から苦しむことなく、安全な治療法を選択することができます。専門クリニックには、内服薬処方の他にもさまざまな治療法が用意されています。

また、治療の過程で起こることを細やかに説明してくれるのも専門クリニックならではの特徴です。例えば、AGA治療薬を飲んでしばらくすると「初期脱毛」と呼ばれる症状が起こり、抜け毛が増えることがあります。これは治療の成果が出ている証拠ですが、説明が少ない医療機関を選択している方や、通販などで薬を購入して独自に治療している方は驚いて投薬をやめてしまうことがあります。ただ、もちろん薬が合わずAGAが進行している可能性もゼロではありません。専門クリニックでは、今の状態が改善に向かっているかどうか、投薬を続けるか別の治療法に切り替えるか、などを医師が診断してくれるため、効率的にAGAを改善することができます。このほかにも、AGA治療薬で起こる可能性のある副作用についてもあらかじめ説明があり、副作用が起きた場合も適切に対応してもらえます。

さらに専門クリニックでは、写真撮影による比較やマイクロスコープを使った頭皮の観察で、発毛の進行状態について定期的に説明が受けられます。治療の成果を知り、「3カ月後はこうなっている」「1年後はこうなっている」という展望が見えることで、前向きにAGA治療に取り組んでいただくことができます。

ヘアメディカル関連クリニックの医療機関では、さらに精度の高い治療を行うために、独自に下のような内容に取り組んでいます。

AGAリスク遺伝子検査

毛髪や血液から摂取したサンプルを解析し、プロペシア、ザガーロなど、5αリダクターゼを阻害するAGA治療薬の効きやすさを調べる検査です。体質に合ったより最適な治療法を知ることができます。

半年に1回の採血検査

肝機能や腎機能が低下していないかどうかをチェック。健康を維持しながら治療を続けられる環境をつくるための検査です。

女性の甲状腺検査

薄毛の原因は1つではありません。女性によく見られるのが、甲状腺の異常による薄毛です。最初に甲状腺検査を行うことで正しい原因を突き止め、適切な治療を行えるようにしています。

医師の知識・対応力強化

AGAや発毛の知識を深めるために、医師の勉強会やマニュアルによる情報共有を数多く行っています。また、患者さんにドクターアンケートを実施し、説明や対応について日常的に改善を進めています。

ヘアメディカル関連クリニックは、東京、名古屋、大阪、福岡に5拠点あります。

目次へ戻る

専門クリニックでは、プロペシア(フィナステリド)やザガーロ(デュタステリド)以外に、どのような治療が受けられる?

ミノキシジルやアデノシンの塗布、植毛、レーザー治療などがあります。

ミノキシジルは、頭部に直接塗布することで血管を拡張させ、血行を促進して発毛を促す薬です。一般的に日本では外用薬が用いられており、プロペシア(フィナステリド)やザガーロ(デュタステリド)と併用することで、効率的にAGA改善を行うことができます。

アデノシンは、ミノキシジルと同じような効能を持つ成分であり、実験によってAGAに対する有用性が認められています。アデノシンをプロペシア(フィナステリド)やザガーロ(デュタステリド)と併用すれば、相互的なAGA改善効果が期待できるでしょう。

植毛には、主に自毛植毛術と人工植毛術の2つがあります。自毛植毛術は、文字通り自分の毛髪を薄い部分に移植する方法で、過去の臨床結果から高い生着率が得られているため、AGA治療の1つとして考えられます。一般的に、プロペシア(フィナステリド)やザガーロ(デュタステリド)、ミノキシジルで治療を行っても効果が出なかった場合の最終手段として用いられることが多い治療法です。一方、人工植毛術は、これまで術後におけるさまざまな弊害が報告されているため、治療法としては推奨されていません。

レーザー治療には、低出力レーザーまたはLEDレーザーがあり、どちらも頭部に照射することで血行を促進し、発毛を促すとされています。副作用がほとんど報告されておらず、安全性の高いAGA治療法です。

AGA専門クリニックの中でも、取り扱っている治療法はそれぞれの医院によって異なります。上述の治療法以外にも、さまざまな治療法を用意しているクリニックもあります。より自分にあった治療法を選択できるよう、いろいろなクリニックを比較し、絞りこんだら事前カウンセリングで実際にしっかりと説明を受けた上で、通院先を選びましょう。

目次へ戻る

AGA・薄毛治療についての無料カウンセリングや
初診のご予約はこちらから

費用や効果などの相談をしたい方

ご相談はこちら(無料)

AGA・薄毛の治療をお考えの方

専門の医師に診てもらう

薄毛治療の専門クリニック紹介

あなたにオススメの記事をチェック