ヘアメディカルプラス

あなたの髪の悩みを解決する専門メディア

髪の悩みガイド

AGA治療と併せてできる、AGA対策・改善とは?

AGAをできるだけ早く改善するためには、AGA治療と併せて個人でも対策を行うことが大切です。ミノキシジル配合の発毛剤などを塗布して発毛・育毛を促したり、頭皮マッサージを行ったりして改善に努めましょう。また、食生活などの生活習慣を見直すこともAGAの改善には欠かせません。

今回は、AGA治療と並行して行える、個人でもできるAGA対策についてご紹介します。

ミノキシジルにはどのような効果がある?

ミノキシジルは発毛や育毛を促進する効果があり、AGA治療薬と併用することで薄毛を改善しやすくなります。

ミノキシジルは、AGA治療に効果的といわれている成分です。血管を拡張させて血行を改善し、髪の毛の成長に必要な栄養を頭皮に届けやすくします。発毛や育毛を促進する効果があることから、育毛剤や発毛剤として使用されています。フィナステリド(プロペシア)やデュタステリド(ザガーロ)といった5αリダクターゼ(5α還元酵素)の働きを抑えるAGA治療薬と併用すると、脱毛の進行を抑えながら発毛・育毛を行うことができます。

目次へ戻る

頭皮マッサージには効果がある?

正しい頭皮マッサージを行うと、血行改善効果やストレス解消効果をもたらすといわれています。

頭皮マッサージを行うことで、血行改善に効果が期待できます。また、頭皮の新陳代謝が活発化する他、薄毛の原因になるストレスの軽減に役立つと考えられています。 効果を得るためには、正しい頭皮マッサージの仕方を覚えて実践することが大切です。頭皮を傷つけてしまわないよう爪を立てず、手のひらや指の腹を使って優しくマッサージを行いましょう。毎日続けることが望ましいため、お風呂上がりや寝る前などに行うクセを付けて習慣化しましょう。

目次へ戻る

髪の健康のためにはどのようなものを食べればいい?

タンパク質、ビタミン、ミネラルを多く含んだ食品を摂取しましょう。

タンパク質は髪の毛の生成に必要不可欠な栄養素であり、肉、魚、大豆製品、卵、米などに多く含まれています。食品によって含まれるアミノ酸の種類が違うため、バランスよく摂取することが大切です。しかし肉類の場合、タンパク質と同時に飽和脂肪酸も摂取することになります。過剰な摂取は脱毛を引き起こす原因になる恐れがあるので、食事に取り入れる割合を考えながら食生活を見直してみましょう。

ビタミンは、タンパク質などの代謝を助ける栄養素。主に果物や緑黄色野菜、豆類に多く含まれています。脂溶性ビタミンと水溶性ビタミンの2種類に分けることができ、前者は脂質と一緒に体内に貯め込むことができますが、後者は体に蓄積されにくいため不足しないように補うことが大切です。また、ミネラルは体に必要な物質を作ったり、神経の働きを支えたりとさまざまな役目を果たします。中でも亜鉛は、タンパク質の合成を助け、健康な髪の生成をサポートするため、積極的に摂取しましょう。

目次へ戻る

お酒は飲まないほうがいい?

適度な飲酒量であれば問題はありませんが、週1日~2日は休肝日を設けるとよいでしょう。

体内に入ったアルコールは肝臓で分解され、アセトアルデヒドという物質に変換されます。アセトアルデヒドは血液中の酸素や栄養素を追いやってしまう性質があるため、頭皮や髪に必要な栄養が運ばれなくなる可能性も。過度な飲酒は血中のアセトアルデヒド量を増加させるため、お酒はなるべく控えたほうが懸命でしょう。

お酒を飲む方の中にはストレスを解消するために飲んでいるという方もいるはずです。そうした方が無理に禁酒をするとストレスにつながる恐れがあるため、注意が必要です。大びん1本程度のビール、1合程度の日本酒など、適度な飲酒量を心掛けるようにする他、肝臓を休ませるために週に1日~2日程度はお酒を控える日を作ることが大切です。

目次へ戻る

AGA・薄毛治療についての無料カウンセリングや
初診のご予約はこちらから

費用や効果などの相談をしたい方

ご相談はこちら(無料)

AGA・薄毛の治療をお考えの方

専門の医師に診てもらう

薄毛治療の専門クリニック紹介

あなたにオススメの記事をチェック