ヘアメディカルプラス

あなたの髪の悩みを解決する専門メディア

髪の悩みガイド

AGA治療の効果がでるまでに、どれくらいの期間がかかる?

AGA治療に用いられる治療薬には、「フィナステリド(プロペシア)」と「デュタステリド(ザガーロ)」があります。プロペシアは「フィナステリド」を有効成分としたAGA治療薬で、優れた効果と安全性の高さが魅力です。ザガーロは「デュタステリド」を有効成分としたAGA治療薬で、プロペシアを上回る高い脱毛抑制・発毛効果が期待できます。これらを用いたAGA治療の効果は、投薬開始の6カ月目頃から現れ始めますが、AGA治療を効率よく進めるためには、それぞれのAGA治療薬の特徴はもちろん、適切な服用期間を理解しておく必要があります。 今回は、プロペシアとザガーロのメカニズムや効果、そして効果を実感・継続できる服用期間などについて詳しくご紹介します。

今回は、プロペシアとザガーロのメカニズムや効果、そして効果を実感できるまでの期間について詳しくご紹介します。

プロペシアってどんな薬?

プロペシアは「5αリダクターゼ(5α還元酵素)II型阻害薬」。「テストステロン」を「ジヒドロテストステロン」に変換する5αリダクターゼII型の作用を防ぐ働きがあります。

AGAは、「5αリダクターゼ」によって男性ホルモンのテストステロンがジヒドロテストステロンに変換され、このジヒドロテストステロンが毛乳頭細胞にある男性ホルモン受容体に結びつくことで発症します。プロペシアの有効成分であるフィナステリドは5αリダクターゼの作用を防ぐ働きがあるため、プロペシアを服用すればジヒドロテストステロンへの変換を抑制できます。

FDA(米国食品医薬品局)に認可されている安全性の高いAGA治療薬で、世界60カ国以上で承認・販売されています。数ある脱毛症の中でもAGAのみに効果を発揮する治療薬で、1日1回1mgの服用が一般的です。

プロペシアを女性が服用することは認められていません。これは女性、特に妊娠中の方や授乳中の方が服用することで、男子胎児の生殖器官などの正常発育に悪影響を及ぼす恐れがあるためです。割れているプロペシアに触れるだけでも成分が皮膚から吸収されるため、接触しないように注意が必要です。

目次へ戻る

ザガーロってどんな薬?

デュタステリド(ザガーロ)はフィナステリド(プロペシア)よりも高い効果があるといわれるAGA治療薬。服用を続けることで高い脱毛抑制・発毛効果が期待できます。

テストステロンをジヒドロテストステロンへと変換させる「5αリダクターゼ」には、I型とII型があります。デュタステリド(ザガーロ)は、中でもII型を抑える力がフィナステリド(プロペシア)より強いため、より高い効果を得ることができます。用量は1日1回0.5mgが一般的です。

ザガーロの特徴として、デュタステリドの半減期の長さがあげられます。半減期は、血中の有効成分濃度が半分になるまでにかかる期間。フィナステリドが6時間~8時間程度といわれているのに対し、デュタステリドは2週間程度といわれています。有効成分が長く血中にとどまるためにジヒドロテストステロン生成を効率よく抑制でき、AGAを改善へ導くことができるのです。 プロペシア同様、女性の服用は禁止されており、妊娠中の方や授乳中の方は取り扱いにも注意が必要です。

目次へ戻る

AGA治療の効果がでるまでに、どれくらいかかる?

個人差はありますが、約6カ月でAGA治療の効果が見られます。短期間では効果が得られにくいため、継続的な治療が大切です。

フィナステリド(プロペシア)やデュタステリド(ザガーロ)を用いてAGA治療をする場合、効果を実感できるまでには約6カ月の期間を見てください。 ※ただし期間には個人差があり、3カ月程度で効果を実感できることもあります。 髪の毛は、伸びて抜け落ち、また新しい髪の毛が生えるという周期(ヘアサイクル)を繰り返しており、このヘアサイクルには「成長期」「退行期」「休止期」の3段階があります。休止期の後に髪が抜け、再び新しい成長期に入りますが、この休止期は3~4カ月にわたるため、多くの毛根が成長期になって発毛し、実感できる長さに成長するまでには約6カ月程度かかります。さらに服用を継続すると、一般的には治療の1年後に発毛効果がピークを迎え、それ以降は発毛効果が安定します。AGA治療薬をやめると髪の毛は再び脱落していくため、増えた毛髪量を維持していくためには、継続して服用いただくことが大切です。

プロペシアやザガーロの服用が初めての方の場合は、治療開始から1カ月後を目処にクリニックで治療効果の確認を行います。確認後、問題ないと医師が判断した場合にのみ服用を続行し、3~4カ月後を目処に再びクリニックを受診、効果を判定するために6カ月継続する、というプロセスが一般的です。
※AGA治療の流れはクリニックによって異なる可能性がありますので、必ず事前に確認しておきましょう。

治療を始めてしばらくすると「以前より毛が抜けるようになった」と感じるかもしれませんが、これは「初期脱毛」といわれる状態で、薬の効果が出ている証です。抜けるのはすでに「休止期」に入っている髪であり、新たに健康的な髪が生えてくるための準備期間だと考えてください。

人によっては、6カ月を過ぎても発毛効果を感じられないこともあります。しかし、AGAは進行性の疾患であるため、AGA治療薬が毛髪の急激な減少を食い止めている(治療していなければ、現状よりさらに症状が進行していた)という形で治療効果を上げている可能性もあります。いずれにしても、不安を感じたら医師と相談して診断を受け、服用を続けるべきかどうかを検討しましょう。

また、自己判断で服用を継続したり、効果を増強させようと増量することは避けてください。肝機能障がいなどの深刻な副作用を引き起こす恐れもあるため、必ず医師に相談することが大切です。

目次へ戻る

AGA・薄毛治療についての無料カウンセリングや
初診のご予約はこちらから

費用や効果などの相談をしたい方

ご相談はこちら(無料)

AGA・薄毛の治療をお考えの方

専門の医師に診てもらう

薄毛治療の専門クリニック紹介

あなたにオススメの記事をチェック