ヘアメディカルプラス

あなたの髪の悩みを解決する専門メディア

髪の悩みガイド

AGAの治療にはどんな方法がある? 自分に合った治療法の見つけ方は?

AGAは、男性ホルモンの一種であるジヒドロテストステロンと男性ホルモン受容体が結びついて引き起こされる、ヘアサイクルの乱れによる進行性の脱毛症です。自然治癒することはほとんどなく、そのまま放置していると脱毛が進んでいくのが特徴。正しい診断を受け、早期のうちからAGA治療に取り組むことで、脱毛状態を遅延させることはもちろん、発毛効果も期待できます。

今回は、AGAが起こるメカニズムと、主な治療法についてお伝えします。

AGAはなぜ起こる?

毛乳頭細胞の中にある5αリダクターゼ(5α還元酵素)が、男性ホルモン・テストステロンを活性化してジヒドロテストステロン(DHT)に変換。このジヒドロテストステロンが、髪の成長期間(ヘアサイクル)を短くするために薄毛が起こります。

ジヒドロテストステロンは、テストステロンよりも強力な男性ホルモン。 毛乳頭細胞は髪の毛の成長を司る細胞ですが、この細胞の中にある男性ホルモン受容体がジヒドロテストステロンを受け取ると、髪の毛を軟毛化させるシグナルを出すようになります。このシグナルによってヘアサイクルの成長期が短くなり、髪の毛が十分に成長できないまま抜け落ち、発毛している全体量が減っていきます。こうして発生するのがAGAです。AGAの薄毛は、前頭部の左右が後退したM字型や、頭頂部の薄毛が拡大したO型になるのが特徴ですが、それば、該当する部分の毛乳頭細胞内に5αリダクターゼが多く存在しているからです。

目次へ戻る

AGAの治療法には、どんな種類がある?

フィナステリド(プロペシア)・デュタステリド(ザガーロ)などの内服薬、ミノキシジルなどの外用薬、植毛、LED/低出力レーザー照射、成長因子/細胞移植療法 などがあります。

AGA治療に用いられている代表的な治療法として、次のようなものがあります。

  • 内服薬(フィナステリド/ザガーロ)
    現在のAGA治療の中心となっているのが、フィナステリド(プロペシア)とデュタステリド(ザガーロ)を用いた治療です。この2つは、AGAの原因となるジヒドロテストステロンを生成する5αリダクターゼの働きを阻害するため、ヘアサイクルを正常に戻し、脱毛の進行を抑える効果が期待できます。2つの薬剤で異なる点は、効果範囲の広さ。5αリダクターゼにはI型とⅡ型の2つのタイプがありますが、フィナステリドにはⅡ型を、デュタステリドにはⅠ型とⅡ型の両方を抑制する効果があります。また、デュタステリドはフィナステリドに比べて半減期が長く、長く効果が持続するのが特徴。医師が診察や血液検査で、どちらの使用が適切なのかを見極めながら投薬を続けていきます。
    デメリットとしては、長期服用した方のうち、フィナステリドで約4%(※1)、ディタステリドで17.1%(※2)の方にED、リビドー減退などの副作用が報告されています。大きな数字ではありませんが、医師の処方に沿って正しい用量を服用し、経過観察を続けることが大切です。また、服用を始めてから1カ月以内に、ヘアサイクルを正常に戻す過程として、髪が多く抜け落ちることがあります(初期脱毛)。
  • 外用薬(ミノキシジル)
    ミノキシジルは血管を拡張させて血行を改善し、髪の毛に栄養を届きやすくすることで発毛を促す薬です。外用薬として用いられる成分には、他にアデノシンやカルプロニウム塩化物、t-フラバノンなどがありますが、ミノキシジルは最も効果が認められるものとして、日本皮膚科学会より強く推奨されています。デメリットとしては、一般的な外用薬と同じように、かゆみや発疹、皮膚炎、紅斑が起こる場合があります。また、大変稀ではありますが、浮動性めまいや頭痛、動悸、血圧低下を起こす方もいらっしゃいます。
  • 植毛
    自毛を使った植毛と、人工毛を使った植毛の2つがありますが、安全面から推奨されているのは自毛植毛。AGAになりにくい(毛乳頭細胞内に5aリダクターゼが存在しない)後頭部から毛包を帯状またはパンチで点状に採集し、薄毛となっている部分に移植して密度を調整、薄毛を目立たなくします。かなりAGAが進行している方にも有効で、気になる部分の毛量をすぐに増やせますが、一方で手術の期間・費用がかかること、医師の熟練度によって仕上がりが変わってくること、頭に傷跡が残ること、そして急に毛量が増えるため回りに気づかれやすいことなどがデメリットとして挙げられます。
  • LED/低出力レーザー照射
    LEDまたは低出力レーザーを薄毛部分に照射する光治療。赤色ナローバンドLEDと呼ばれる光には、細胞の増殖を促進して毛髪を成長させる効果が、そして、低出力レーザーには血行を促進して細胞を活性化させる働きがあることが認められています。安全であること、比較的安価でできること、いろいろな治療と併用することでより効果を発揮できることがメリット。副作用などで薬を使えない方にも用いられています。
  • 成長因子/細胞移植療法
    注射による毛髪再生治療。主な治療法として、以下のようなものがあります。
    ◎PRP育毛療法…PRPとは、自己多血小板血漿のこと。自分の血液を濃縮して作った高濃度の血小板を頭皮に注入し、毛細胞の生成と成長を活発化して、発毛を促進します。
    ◎HARG治療…幹細胞から抽出したたんぱく質AAPE(グロスファクター)を注入し、毛細胞の生成と成長を活発化します。
    ◎ヘアフィラー治療…発毛ペプチドと呼ばれる7種類のたんぱく質を主成分とした薬剤を注入し、髪や頭皮の再生を促します。
    いずれも注目の発毛治療として成果が報告されていますが、費用が高額であること、まだ安全が確立されていないこと、そして注射(施術)の痛みを伴う可能性があることなどがデメリットとして挙げられます。

目次へ戻る

治療を受けるなら、どの方法がより効果的?

AGAの原因に直接働きかけて改善する内服薬と、発毛を促進する外用薬の併用をお勧めしています。

前章でお話したように、AGAの治療には様々な方法がありますが、私たちヘアメディカル関連グループでは、フィナステリド(プロペシア)・デュタステリド(ザガーロ)の内服薬と、外用薬ミノキシジルでの治療を行っています(薬剤以外の治療は行っておりません)。
AGAはジヒドロテストステロンが原因となって起こる進行性の脱毛症。原因そのものを取り除かなければ、根本的な改善は望めません。現時点では、フィナステリド(プロペシア)・デュタステリド(ザガーロ)などの内服薬で5αリダクターゼの働きを抑制することが最も有効であり、安全な治療法であると言えるでしょう。また、ミノキシジルの外用薬を併用して発毛を促進すれば、頭髪の状態をより効果的に改善することができ、自然な状態で頭髪を増やして行くことができます。

目次へ戻る

AGA治療を始めるときに、気をつけることは?

効果的な治療を行うためには、自己判断は禁物です。まずは頭髪専門のクリニック・医院で診察を受けましょう。

一口に脱毛症といっても、円形脱毛症や脂漏性脱毛症、びまん性脱毛症、ひこう性脱毛症、牽引性脱毛症など、実にいろいろな種類があり、それぞれ原因や症状が異なります。まずは自分がAGAであるかどうか、頭髪専門クリニックで正しい診察を受けることから。AGAであれば、原因に合った治療を始めましょう。
また、安価なAGA治療薬を海外の通販で購入し、自己治療をすることは避けてください。輸入薬は成分量が多いため効き目が強すぎて重篤な副作用を起こす可能性がありますし、成分が安全でないものも多く、体に害を与える場合もあります。フィナステリド(プロペシア)はジェネリック医薬品が販売されており、比較的安価で日本人向けの安心な薬剤を病院で処方してもらうことができます。投薬治療を行うなら、治療の進み具合はもちろん、持病や他の薬との飲み合わせは大丈夫か、副作用は起きていないかなど、定期的に医師がチェックしてくれる医療機関で、安心して治療を進めていきましょう。

目次へ戻る

参照

※1・※2 参照元:一般財団法人日本医薬情報センター(JAPIC) データベース
https://www.japic.or.jp/index.html

目次へ戻る

AGA・薄毛治療についての無料カウンセリングや
初診のご予約はこちらから

費用や効果などの相談をしたい方

ご相談はこちら(無料)

AGA・薄毛の治療をお考えの方

専門の医師に診てもらう

薄毛治療の専門クリニック紹介

あなたにオススメの記事をチェック