ヘアメディカルプラス

あなたの髪の悩みを解決する専門メディア

髪の悩みガイド

服用することで効果が出る「発毛薬」とは?

外用薬から内服薬まで、薄毛治療に用いられる医薬品にはさまざまなタイプがあります。一般な発毛剤としては、頭皮に直接塗布する外用薬をイメージする人が多いかもしれません。AGA(男性型脱毛症)治療においては、主に内服薬が用いられます。今回は、内服タイプの「発毛薬」について、外用薬との違いも踏まえながらご紹介します。

服用タイプの「発毛薬」って何?

服用タイプとして、主にAGA治療に用いられるフィナステリドやデュタステリドがあります。 薄毛を引き起こす原因に対して作用し、薄毛や抜け毛を改善する効果が期待できるといわれています。(※1)

対して、外用薬としてあげられるのが、ミノキシジル外用薬です。 ミノキシジル外用薬には、細胞成長因子の発現を増加させ、ヘアサイクルにおける休止期を短縮し、毛包を太くする効果があるとされています。 (※1)

目次へ戻る

服用薬がAGAに対して効果的な理由とは?

なぜAGAに服用タイプの治療薬が有効なのか、その理由はAGAの発症メカニズムにあります。AGAの原因物質は男性ホルモンの一種であるDHT(ジヒドロテストステロン)です。これは体内にあるテストステロンと5α還元酵素が結びつくと生成される物質です。

DHTは、髭では成長細胞因子を誘導して成長期を延長する反面、前頭部や頭頂部では毛母細胞の増殖を抑制して薄毛を引き起こします。 (※1)

AGA治療に用いられる内服薬は、大きく分けて2種類あります。ひとつはフィナステリド、もうひとつがデュタステリドです。どちらも5α還元酵素の働きを阻害する作用があり、AGAの原因物質であるDHTの生成を抑制します。一定の服用期間が求められますが、AGAを改善する効果があるとされています。 (※1)

フィナステリドやデュタステリドは、AGAの改善に効果を持つ内服薬です。しかし、その他の脱毛症に対して効果があるかどうかは未知数です。生活習慣の乱れやストレスによる薄毛、または円形脱毛症などにかかっている場合は、それに合わせた治療を行う必要があるかもしれません。自分に合った治療を行うためにも、薄毛や抜け毛にお悩みの方は、専門のクリニックなどで診断を受け原因の分析を行いましょう。専門の医師による診察や検査を受けた上で、内服薬の使用判断を仰ぐことが大切です。

目次へ戻る

服用薬と外用薬の併用はできる?

治療薬の種類によっては、内服薬と外用薬の併用は可能となっています。内服薬と外用薬を用いた併用療法が行われており、代表的なのがフィナステリドとミノキシジル外用薬を用いたものです。この併用療法は、世界中で行われています。 (※1※2※3)

フィナステリドなどのAGA治療薬は、AGAの原因物質であるDHTに対して作用します。ミノキシジルは、休止期から成長期への移行促進など、発毛効果が認められています。フィナステリドの持つ、AGAの原因に対して直接作用する効果と、ミノキシジルの発毛効果が合わさることで、薄毛や抜け毛の改善がより促進されるかもしれません。 (※1※2※3)

しかし、ミノキシジル外用薬もフィナステリドも、服用することで副作用を引き起こすリスクがあります。これらの副作用は、併用時にも起こりえるため、ミノキシジルとフィナステリドの併用療法を行う際には専門の医師に相談した方がよいでしょう。専門の医師に判断を仰ぎながら、自分に合った治療を行うことが大切です。 (※1※2※3)

目次へ戻る

参照

※1男性型および女性型脱毛症診療ガイドライン2017年版
https://www.dermatol.or.jp/uploads/uploads/files/AGA_GL2017.pdf

※2ミノキシジルの発毛作用について
https://www.jstage.jst.go.jp/article/fpj/119/3/119_3_167/_pdf

※3男性型脱毛症治療の現状と今後の展望
https://www.jstage.jst.go.jp/article/fpj/133/2/133_2_78/_pdf

AGA・薄毛治療についての無料カウンセリングや
初診のご予約はこちらから

費用や効果などの相談をしたい方

ご相談はこちら(無料)

AGA・薄毛の治療をお考えの方

専門の医師に診てもらう

薄毛治療の専門クリニック紹介

あなたにオススメの記事をチェック