ヘアメディカルプラス

あなたの髪の悩みを解決する専門メディア

髪の悩みガイド

ひまし油って何?発毛効果があるって本当?

健康維持に効果的とされる天然成分にはさまざまな種類があります。化粧品やヘアオイルなどに含まれる「ひまし油」もそのひとつです。ときには育毛や発毛効果を期待して使用するケースもありますが、一体どのように髪の毛や頭皮に作用するのかが未だ判明していません。今回は、そんなひまし油の基礎知識と発毛効果についてご紹介します。

ひまし油とは?発毛効果はある?

ひまし油の原材料は比較的やせた土地で栽培されるヒマという植物です。インド・ブラジル、中国などが代表的な産地となります。ヒマから得られる油をひまし油と呼んでいます。ひまし油にはさまざまな化学反応がみられるため、さまざまな分野で応用されてきました。とりわけ工業分野では潤滑油として、美容分野では化粧品に使用されることもあります。幅広い用途に使えるひまし油ですが、発毛・育毛における医学的根拠は不十分です。

目次へ戻る

発毛のために生活の中でできることは?

ひまし油による発毛効果については、十分な医学的根拠がないため推奨できません。しかしながら、ひまし油に頼らなくても、日常生活の中で行える育毛・発毛対策はあります。例えば、生活習慣の乱れは薄毛を引き起こす原因のひとつです。今一度日々の生活を見直してみましょう。

まずチェックすべき点は食生活です。食生活の乱れによって栄養バランスが偏ると、発毛や髪の成長に欠かせない栄養素が不足します。良質なタンパク質、豊富なビタミン、亜鉛などのミネラルといった、髪の毛の成長に欠かせない栄養素をバランスよく摂取しましょう。

食生活のみならず、洗髪方法や使用するシャンプーの見直しも大切です。市販のシャンプーは、そのすべてが脱毛症治療に有効となる成分を含んでいるわけではありません。しかし、自身の体質や頭皮状態に合ったものを選べば、頭皮環境の改善につながります。薄毛の予防のためには、シャンプー選びも非常に重要です。

目次へ戻る

AGAなどの脱毛症の場合は治療が必要

日常生活で行うさまざまな対策によって、薄毛を予防できるケースはあります。一方で、AGA(男性型脱毛症)などが原因の薄毛に関しては適切な治療が必要です。

AGAは、男性ホルモンの一種であるDHT(ジヒドロテストステロン)が原因で発症します。ジヒドロテストステロンは体内のテストステロンというホルモン物質が5α還元酵素と結合して生成されます。今日のAGA治療では、DHTの生成に直結する5α還元酵素の阻害薬が用いられます。代表的なのがフィナステリドやデュタステリドなどの内服薬です。これらが5α還元酵素の働きを阻害し、DHTの生成を抑制して薄毛を改善します。 (※1)

治療が必要となる脱毛症はAGAに限りません。 円形脱毛症をはじめ、すでに進行している脱毛症には治療が必要な場合があります。万が一急激に抜け毛が増えたり、薄毛の進行が止まらなかったりする場合は、専門の医師による検査と診察を受けてみてもよいかもしれません。

医療技術の進歩により、専門のクリニックではさまざまな脱毛症に合わせた治療が行われています。脱毛症の改善には、まずは自分の症状を分析して、それに合わせて生活習慣の改善や治療を選ぶ必要があります。脱毛にお悩みの方は、自分の生活を見直して、脱毛の原因になりえる習慣を変えてみましょう。その上で、専門の医師に相談して、自分に合った治療方法を選んでもらうとよいでしょう。

目次へ戻る

参照

※1男性型および女性型脱毛症診療ガイドライン2017年版
https://www.dermatol.or.jp/uploads/uploads/files/AGA_GL2017.pdf

AGA・薄毛治療についての無料カウンセリングや
初診のご予約はこちらから

費用や効果などの相談をしたい方

ご相談はこちら(無料)

AGA・薄毛の治療をお考えの方

専門の医師に診てもらう

薄毛治療の専門クリニック紹介

あなたにオススメの記事をチェック