ヘアメディカルプラス

あなたの髪の悩みを解決する専門メディア

髪の悩みガイド

女性の薄毛に対して効果的な発毛剤は?

男性と女性では抜け毛・薄毛の原因が異なるため、具体的な治療法も変わってきます。中には男性に有効であっても、女性は使用できない発毛剤があるので注意が必要です。今回は、女性特有の薄毛に効果的な発毛剤についてご紹介します。

フィナステリドやデュタステリドは女性には使用できない?

代表的なAGA(男性型脱毛症)治療薬として知られるフィナステリドやデュタステリドですが、女性には使用するべきではないといわれています。これらの治療薬にはAGAの原因物質であるDHT(ジヒドロテストステロン)の生成を抑制する効果が認められています。

妊婦に投与するとDHTの低下によって、男子胎児の生殖器等の正常な発育に影響をおよぼす恐れがあります。そのため、妊婦している、または妊娠している可能性がある女性、さらに授乳中の女性への投与は禁忌とされています。

フィナステリドについては、過去に女性の脱毛症に対する臨床試験が行われているものの、未だ十分な有用性が認められていません。一方のデュタステリドは、女性に対する臨床試験が実施されていないため不明です。「男性型及び女性型脱毛症診療ガイドライン2017年版」においても「女性型脱毛症には使用すべきではない」と明記されています。独自に入手して使用するのは避けましょう。 (※1)

目次へ戻る

ミノキシジルは女性の薄毛に対しても効果的?

フィナステリドやデュタステリドに加え、AGA治療ではミノキシジル外用薬も用いられます。ミノキシジル外用薬は女性も使用可能であり、発毛効果が期待できる治療薬のひとつです。主成分であるミノキシジルには休止期の毛包を成長期へと移行させる効果があります。その他、毛乳頭細胞を増殖させる効果、毛組織血流を改善させる効果などが認められています。 (※1)

ミノキシジルには1%~5%など濃度の違いがあります。専門クリニックなどで診察や検査を受けた上で、適切な濃度のミノキシジル外用薬を処方してもらいましょう。(※1)

目次へ戻る

女性ならではの薄毛の原因への対策は?

女性に多くみられる脱毛症のひとつに、びまん性脱毛症があります。部分的ではなく頭髪全体に、毛の数が少なくなる、毛が細くなる、毛の伸びが遅くなるといった症状が現れます。このような症状がみられる場合、びまん性脱毛症を発症している恐れがあります。 (※3)

びまん性脱毛症は、ホルモンバランスの乱れなどから発症することが分かっています。髪の成長に関わるエストロゲン(女性ホルモン)が減少すると、ヘアサイクルにおける成長期が短くなります。それにともなって、抜け毛が増えるのです。また、偏った食事や過度なダイエットによる栄養バランスの偏りも、びまん性脱毛症の原因となります。

牽引性脱毛症も女性に多くみられる脱毛症です。ポニーテールなど、髪を物理的に引っ張るヘアスタイルが原因とされています。また、出産後に抜け毛が増える分娩後脱毛症も女性特有の脱毛症のひとつです。

薄毛や抜け毛に悩む女性は、びまん性脱毛症をはじめ、牽引性脱毛症や分娩後脱毛症など女性特有の脱毛症にかかっている可能性があります。まずは専門クリニックなどで原因を特定することから治療を始めましょう。

目次へ戻る

参照

※1男性型および女性型脱毛症診療ガイドライン2017年版
https://www.dermatol.or.jp/uploads/uploads/files/AGA_GL2017.pdf

※2ミノキシジルの発毛作用について
https://www.jstage.jst.go.jp/article/fpj/119/3/119_3_167/_pdf

※3髪の健康を考える~美しい髪で過ごすには~
https://www.jstage.jst.go.jp/article/jmj/59/4/59_327/_pdf

AGA・薄毛治療についての無料カウンセリングや
初診のご予約はこちらから

費用や効果などの相談をしたい方

ご相談はこちら(無料)

AGA・薄毛の治療をお考えの方

専門の医師に診てもらう

薄毛治療の専門クリニック紹介

あなたにオススメの記事をチェック