ヘアメディカルプラス

あなたの髪の悩みを解決する専門メディア

髪の悩みガイド

育毛トニックに効果はある?そのメカニズムは?

育毛剤や発毛剤とは別に、育毛トニックと呼ばれるカテゴリーの商品も多く販売されています。 医薬品の発毛剤とは明確に区分けされていますが、薬用(医薬部外品)にあたる育毛トニックも多く、育毛剤との違いがやや曖昧です。そのため、何かと混同されることも少なくありません。そんな育毛トニックですが、有効成分によっては一定の「予防」効果が認められています。今回は、育毛トニックの具体的な効果や作用メカニズムについてご紹介します。

そもそも育毛トニックとは?どんな効果がある?

一般的に、育毛トニックは薄毛の治療を目的とした医薬品ではなく、ほとんどが医薬部外品や化粧品に分類されます。薬事法による分類では、医薬部外品は「厚生労働省によって特定の症状に対する予防・衛生などの効果が認められた有効成分を配合する製品」とされています。一方の化粧品は、より効果が緩やかであり、美化を目的とするものに分類されるのです。

この分類から考えると、薬用と記載された医薬部外品であれば、抜け毛・薄毛予防において一定の「予防」効果が期待できるはずです。ただし、医薬部外品の育毛トニックは治療を目的とするものではありません。進行しているAGA(男性型脱毛症)などに対しては、十分な効果が得られない可能性が高いです。

化粧品として販売されている育毛トニックの場合、治療・予防ではなく、単に頭部の清涼感・爽快感を得ることを目的としているかもしれません。その場合、抜け毛や薄毛の改善効果は期待できないため、使用前にはどのような目的で販売されているものであるかを確認した方がよいでしょう。「絶対に効果がない」というわけではありませんが、使用時には十分に注意しましょう。

目次へ戻る

本当に効果のある育毛法とは?

抜け毛や薄毛の原因は多岐にわたるほか、人によって症状もさまざまです。例えば、発毛や髪の成長に必要な栄養が不足しているのであれば、食生活の改善が必要です。また、ストレスによる抜け毛には、ストレスの解消など、原因に対しての根本的な対処が必要です。市販の育毛トニックだけでは、薄毛の根本的な原因を解消できないかもしれません。

仮にAGAなどの脱毛症を発症している場合は、食習慣やストレスの解消などと合わせて、フィナステリドやデュタステリドなどの治療薬を用いる必要があります。根本的な薄毛の原因への対処と有効な治療薬を利用する方法が、効果的な育毛法です。 (参照※1)

目次へ戻る

市販品の育毛トニックだけでも薄毛対策はできる?

やみくもに育毛剤や育毛トニックを使用したところで、薄毛が改善されるとは限らないということを覚えておきましょう。仮にAGAが原因で薄毛が進行している場合、必要となるのは「治療」です。一般に市販されている育毛トニックを含む医薬部外品は、あくまでも症状の「予防」を目的としています。治療が必要な状態において育毛トニックを使用しても十分な効果は期待できないでしょう。原因や症状によって異なるため一概にはいえませんが、やはり過信は禁物です。

AGAによる薄毛の治療にはフィナステリドやデュタステリドといった内服薬のほか、ミノキシジルなどの有効成分を配合する「医薬品」が用いられます。市販されているものもあり、これであれば進行している薄毛に対しても一定の効果が期待できるでしょう。ただし、副作用のリスクもあるため、専門の医師の診断をうけてから服用しましょう。 (参照※1)

目次へ戻る

参照

参考URL ※1男性型および女性型脱毛症診療ガイドライン2017年版
https://www.dermatol.or.jp/uploads/uploads/files/AGA_GL2017.pdf

AGA・薄毛治療についての無料カウンセリングや
初診のご予約はこちらから

費用や効果などの相談をしたい方

無料カウンセリングの
ご予約はこちら

AGA・薄毛の治療をお考えの方

初診のご予約はこちら

薄毛治療の専門クリニック紹介

あなたにオススメの記事をチェック