ヘアメディカルプラス

あなたの髪の悩みを解決する専門メディア

髪の悩みガイド

育毛剤で髪の現状維持や薄毛・抜け毛の予防は可能?

まだ薄毛の症状が軽い場合、抜け毛を予防しながら現状維持を目指したい人もいかもしれません。AGA(男性型脱毛症)などによって薄毛が進行している場合は、早急に治療が必要です。一方、目に見える脱毛症でない場合は、育毛剤などを使用することで、髪の現状維持や抜け毛予防ができる可能性もあります。今回は、育毛剤を使った髪の現状維持や抜け毛予防について詳しくご紹介します。

育毛剤で抜け毛・薄毛を予防できる?

一般に市販されている医薬部外品の育毛剤は、抜け毛や薄毛の予防に対して一定の効果が認められています。ただし、これはAGAなどの脱毛症にかかっていない場合の話です。配合されている有効成分によりますが、育毛剤には頭皮環境の維持や血行促進効果があります。そのため、髪の現状維持や抜け毛の予防効果が期待できます。 (参照※1)

目次へ戻る

AGAは市販の育毛剤だけで防ぐのは難しい?

男性ホルモンの影響や食生活、ストレスなど、抜け毛の原因は実にさまざまです。頭皮環境の悪化を起因とする薄毛であれば、市販の育毛剤でも一定の効果が期待できるかもしれません。しかし、AGAが原因の場合は、それに合わせた治療が必要になるでしょう。

AGAはDHT(ジヒドロテストステロン)というホルモン物質による男性特有の脱毛症です。男性ホルモンの一種であるテストステロンが、5αリダクターゼ(5α還元酵素)という酵素の一種と結びつくことにより生成されます。それが毛包のホルモン受容体に結合するとヘアサイクルの成長期が短くなり、薄毛を引き起こします。

AGAの治療としては、フィナステリドやデュタステリドなどの内服薬を用いた方法が一般的です。AGA治療薬薄毛の原因物質であるDHTの生成を抑制する効果があるため、薄毛改善効果があります。なお、フィナステリドやデュタステリドは市販されておらず、購入には医師の処方が必要となります。専門のクリニックや皮膚科で診察を受け、治療薬を処方してもらいましょう。 (参照※1※2※3)

目次へ戻る

その他の薄毛や抜け毛防止策は?

市販されている医薬部外品の育毛剤には薄毛の予防効果があり、治療にはフィナステリドやデュタステリドといった治療薬が効果的です。そして、これに合わせて行ってほしいのが、生活習慣の見直しやストレスケアです。

毛髪の成長にはタンパク質やミネラル、各種ビタミンなどの栄養素が欠かせません。食生活の乱れから栄養バランスが偏ると、これらの栄養素が不足しがちになり、髪の毛が成長しにくくなります。また、ストレスも抜け毛の大きな原因です。ストレスを感じると、全身の血管が収縮します。頭皮や毛包まで栄養が行き届きにくくなるため、髪の成長に支障をきたすのです。睡眠不足はストレスの原因のひとつです。また、成長ホルモンは睡眠中に多く分泌されるため、毛髪のトラブルを回避するため、十分な睡眠を取ることも大切です。 (参照※1※)

抜け毛・薄毛を予防するためには、食生活や睡眠を中心として生活習慣の改善や、適切なストレスケアが欠かせません。どれだけ育毛剤を使っても、そしてAGA治療を行っても、生活習慣が乱れたままでは十分な効果が得られないかもしれません。

目次へ戻る

参照

※1男性型および女性型脱毛症診療ガイドライン2017年版
https://www.dermatol.or.jp/uploads/uploads/files/AGA_GL2017.pdf

※2男性型脱毛症治療の現状と今後の展望
https://www.jstage.jst.go.jp/article/fpj/133/2/133_2_78/_pdf

※3AGAとは
http://www.aga-news.jp/secure/about_aga/index.xhtml

AGA・薄毛治療についての無料カウンセリングや
初診のご予約はこちらから

費用や効果などの相談をしたい方

ご相談はこちら(無料)

AGA・薄毛の治療をお考えの方

専門の医師に診てもらう

薄毛治療の専門クリニック紹介

あなたにオススメの記事をチェック