ヘアメディカルプラス

あなたの髪の悩みを解決する専門メディア

髪の悩みガイド

AGA治療薬とミノキシジルの併用について

AGA(男性型脱毛症)治療には、外用薬のミノキシジルと内服薬のフィナステリドやデュタステリドが用いられます。ミノキシジルには髪の毛の成長を促す効果がありますが、AGAの進行を抑える効果はありません。

また、フィナステリド(プロペシア)やデュタステリド(ザガーロ)にはAGAの進行を抑える効果はありますが、ミノキシジルほど髪の毛の成長を促す効果はありません。そのため、AGAの効果的な治療には、プロペシアやザガーロとミノキシジルの併用が用いられています。

今回は、内服薬タイプのAGA治療薬とミノキシジルの併用効果についてご紹介します。

AGA治療薬とミノキシジルは併用できる?

平山信夫 医師
AACクリニック名古屋
平山信夫先生

内服薬とミノキシジルの併用は、AGA治療に有効です。

AGAは、進行性の脱毛症です。そのため、ミノキシジルで髪の毛を生やして成長させたとしても、AGAの進行を抑えない限りやがて抜け落ちてしまいます。

そこで、プロペシアやザガーロを服用してAGAの進行を妨げながら、ミノキシジルで髪の毛を生やす併用治療が用いられています。

ほとんどのAGAを治療している患者様は、プロペシアやザガーロを服用してから6カ月の間に効果を実感します。そのため、併用するならばミノキシジルも最低6カ月間は使い続けることで、高いAGA改善効果を実感できます。

なお、1年間使用しても効果が出ない場合には、治療法が合っていないことが考えられます。速やかに医師に相談することが大切です。

目次へ戻る

併用時の注意点は?

平山信夫 医師
AACクリニック名古屋
平山信夫先生

最低でも6カ月間は併用し続ける必要がありますが、副作用が発現した場合には併用を中断し、医師の診察を受けましょう。

プロペシアとザガーロは、一般的に服用から6カ月程度を目安として効果が期待できる治療薬です。ミノキシジルの効果も、一般的に6カ月経過してから発現します。そのため、最低でも6カ月間は併用することが大切です。

ただし、1年間使い続けても効果が出なかった場合には、薬が体に合っていない可能性が考えられますので、医師に相談しましょう。

ミノキシジルの主な副作用には、めまいや頭痛といった低血圧による症状や、塗布部位のかゆみや炎症などが報告されています。

また、フィナステリド(プロペシア)やデュタステリド(ザガーロ)の主な副作用には、リビドー減少(性欲減退)や勃起不全、射精障害などが報告されています。これらの副作用が発現した場合には、速やかに併用を中断して医師に相談してください。

目次へ戻る

AGA・薄毛治療についての無料カウンセリングや
初診のご予約はこちらから

費用や効果などの相談をしたい方

ご相談はこちら(無料)

AGA・薄毛の治療をお考えの方

専門の医師に診てもらう

薄毛治療の専門クリニック紹介

あなたにオススメの記事をチェック