ヘアメディカルプラス

あなたの髪の悩みを解決する専門メディア

髪の悩みガイド

市販の抜け毛予防シャンプーに効果はある?

抜け毛・薄毛を改善するためには、その原因に合わせた対策を行う必要があります。根本的な解決には至らない可能性があるものの、頭皮環境の改善は抜け毛の予防・薄毛の改善に一定の効果がでる可能性があります。中でも毎日のシャンプーは、頭皮環境を衛生的に保つ方法のひとつです。今回は、市販の抜け毛予防シャンプーの選び方や効果についてご紹介します。

市販の抜け毛予防シャンプーに効果はある?

市販品のシャンプーであっても、配合成分によっては一定の予防効果が期待できます。

今日では、さまざまな成分が配合された脱毛予防のシャンプーが市販されています。これらの多くには、さまざまな有効成分が配合されています。

同時に、注意しなければならない点もあります。市販の抜け毛予防シャンプーに配合されている有効成分、例えば塩化カルプロニウムの場合、実験によって発毛促進や脱毛抑制効果を示したとされているものの、症例数が少なく、明確な発毛効果は実証されていません。効果に関しては人によって異なると判断したした方が良さそうです。

厳密には「効果が得られる可能性はあるものの、確実性はそれほど高いとはいえない」ことになります。市販品の抜け毛予防シャンプーのみに頼った薄毛・抜け毛対策はあくまでサポート的な立ち位置にして、本格的な治療は、専門のクリニックなどを頼るとよいでしょう。 (※1)

目次へ戻る

抜け毛予防目的のシャンプーの選び方は?

抜け毛予防シャンプーは治療薬同様、症状や原因に合わせたものを選んでください。

市販されているシャンプーには石油系シャンプーや石けん系シャンプー、アミノ酸系シャンプーなどいくつかの種類があります。中でもアミノ酸系シャンプーは適度な洗浄力を持ちつつ、頭皮の保護に必要な皮脂を残しながら汚れを落とせるのが魅力です。また、髪や頭皮はタンパク質でできているため、肌への刺激が少なく、髪や頭皮に与えるダメージを最小に抑えることができます。

目次へ戻る

本当に効果のある抜け毛予防・薄毛対策とは?

AGAのように薄毛の原因が分かっている場合は、適切な治療を受けるようにしてください。

抜け毛や薄毛の予防・改善には、原因に合わせた治療が必要です。例えば、薄毛の原因がAGAであるならば、原因物質となるジヒドロテストステロン(DHT)への対策が必要となります。代表的なAGA治療薬であるフィナステリドやデュタステリドには、ジヒドロテストステロンの生成に関わる5αリダクターゼ(5α還元酵素)の働きを阻害する効果があります。

これらは内服薬ですが、外用薬を使った薄毛治療方法もあります。例えば、ミノキシジル外用薬は抜け毛予防や薄毛改善として利用されています。 (※3)

本当に効果のある抜け毛予防・薄毛対策のためには、正確な原因分析が求められます。それに沿った治療・対策を行う必要がありますので、薄毛専門クリニックや皮膚科を受診するようにしてください。専門の医師の判断を仰いだ後、適切な治療法を提案してもらえます。その段階で自身に合うシャンプーの選び方や、おすすめの市販品を見つけましょう。

目次へ戻る

参照

※1男性型脱毛症診療ガイドライン(2010 年)
https://www.dermatol.or.jp/uploads/uploads/files/guideline/1372913421_2.pdf

https://www.jstage.jst.go.jp/article/fpj/133/2/133_2_78/_pdf

※3男性型および女性型脱毛症診療ガイドライン2017年版
https://www.dermatol.or.jp/uploads/uploads/files/AGA_GL2017.pdf

AGA・薄毛治療についての無料カウンセリングや
初診のご予約はこちらから

費用や効果などの相談をしたい方

無料カウンセリングの
ご予約はこちら

AGA・薄毛の治療をお考えの方

初診のご予約はこちら

あなたにオススメの記事をチェック