ヘアメディカルプラス

あなたの髪の悩みを解決する専門メディア

髪の悩みガイド

分娩後脱毛症とは?どんな治療法がある?

 

分娩後脱毛症は、女性特有の脱毛症のひとつです。文字通り産後に見られる脱毛症であり、多くの女性の悩みの種となっています。今回は、分娩後脱毛症が引き起こされるメカニズムや治療法についてご紹介しましょう。すでに分娩後脱毛症に悩んでいる人や、これから出産を控えている人は参考にしてみてください。

分娩後脱毛症の原因は?

分娩後脱毛症は、「出産直後から一定期間にわたって抜け毛が増える」脱毛症です。あまりの抜け毛から、焦ってしまう人もいることでしょう。女性の身体・出産の仕組みを考えると、ごく自然なことなので、特段気にする必要はありません。

分娩後脱毛症は、ホルモンバランスが関わる脱毛症です。女性ホルモンにはエストロゲン(卵胞ホルモン)とプロゲステロン(黄体ホルモン)の2種類があり、それぞれ異なる役割を持ちます。女性らしい身体づくりをサポートするのがエストロゲンであり、新陳代謝を促したり、気分を安定させたりする役割を担っています。また、妊娠に備えて毎月の排卵を行うのもエストロゲンの働きです。

プロゲステロンは、子宮内膜を厚くしたり、体温を上げたりなど、妊娠の継続をサポートする物質です。女性の身体を守るホルモンといえば分かりやすいでしょう。代謝を遅らせて栄養・水分を蓄える、皮脂の分泌を活発にするといった役割を持ち、生理前に起こりやすい「身体の重さ」・「肌荒れ」・「イライラ」といった心身の変化に影響します。この2種類の内、髪に影響を与えるのはエストロゲンです。新たな髪の発毛を促し、ヘアサイクルにおける成長期を促進する働きがあります。

女性は妊娠すると、女性ホルモンの分泌量が増加します。それに伴い、髪の成長も促進されるのです。産後は分泌量が通常まで減少するため、急激にホルモンバランスが変化し、妊娠中に抜けなかった髪が脱落するわけです。これが分娩後脱毛症による脱毛メカニズムとなります。

妊娠中~出産直後のホルモンバランスの乱れは、当たり前のように起こること。それに伴う脱毛が見られるのも普通です。自然治癒する脱毛症であるため、髪が生え揃うまで気長に待ちましょう。

とはいえ、「どれくらいの期間で戻るのか」が気になるはずです。個人差こそありますが、一般的には半年から1年程度で改善するといわれています。この期間中であれば心配要りませんが、1年以上も脱毛が続くのであれば、分娩後脱毛症以外の原因が考えられます。専門クリニックで検査・診察を受けてください。

目次へ戻る

分娩後脱毛症は自然治癒する?

分娩後脱毛症は自然脱毛の一種といえます。一定期間が経過すると、自然治癒するケースがほとんどです。しかし、生活習慣の改善などによって症状を和らげたり、治癒を早めたりすることができます。基本はバランスの良い食生活を心がけてください。

髪の毛は、毎日の食事から摂取する栄養素によって作られます。タンパク質・ミネラル・各種ビタミンといった、発毛や髪の成長に欠かせない栄養素をバランス良く摂取しましょう。脂質の多い食事は、皮脂の過剰分泌を招く原因となるため、できるだけ控えてください。

出産後は、出産前の体型に戻すため、無理なダイエットをする女性も多いようです。過度なダイエットは心身だけでなく、髪の毛にも悪影響を与えます。髪の成長に必要な栄養素が不足するほか、ダイエットによるストレスが髪に悪影響を及ぼす恐れも。身体に負担をかけないよう、ゆっくりとしたペースで体重を落としましょう。極端に抜け毛が多い場合、専門クリニックなどを受診すのも手です。分娩後脱毛症の治療が受けられるクリニックもあるので、一度相談してみましょう。

目次へ戻る

AGA・薄毛治療についての無料カウンセリングや
初診のご予約はこちらから

費用や効果などの相談をしたい方

ご相談はこちら(無料)

AGA・薄毛の治療をお考えの方

初診のご予約

薄毛治療の専門クリニック紹介

あなたにオススメの記事をチェック