ヘアメディカルプラス

あなたの髪の悩みを解決する専門メディア

髪の悩みガイド

ザガーロはどんな薄毛に効果がある?

ザガーロが発毛に作用するメカニズムとは?

ザガーロカプセル(以下、ザガーロ)は、薄毛、AGA治療に用いられる内服薬で、有効成分はデュタステリドという物質です。 AGAは男性ホルモンであるテストステロンが体内にある酵素の5αリダクターゼと結びつくことによって生成されるDHT(ジヒドロテストステロン)によって引き起こされることがわかっています。 DHTが毛根にあるホルモン受容体に感知されることによって、髪の成長記が阻害され、ヘアサイクルが乱されてしまうのです。

デュタステリドは5αリダクターゼの働きを阻害することによって、AGAの原因物質となるDHTの生成を抑制する効果が認められています。AGAは進行性の脱毛症ですので、治療を行わずに放置すると、どんどん進行していきます。そこで、ザガーロを用いて治療を行い、進行を食い止めることができます。 (※1,2)

目次へ戻る

ザガーロはM字の薄毛に効果的?その理由は?

男性の薄毛の中でも特に多いのが生え際の後退です。特にM字型と呼ばれる薄毛が成人男性に多く見られます。 薄毛になるのは40代以上の男性というイメージが持たれがちですが、M字の薄毛は20代でも発症し、進行していくケースも少なくありません。

生え際からM字型に進行していく薄毛症状はAGAが原因である可能性が高いことがわかっています。AGAにはこの他にも頭頂部から薄毛が進行するO字型、そして生え際と頭頂部の両方が同時に進行するU字型というパターンがありますが、これはAGAの原因物質であるDHTを生成する5αリダクターゼが前頭部と頭頂部に多く存在するからとわれています。

AGAが原因で起きるM字の症状であれば、先ほどもご紹介しました通りザガーロの使用が有効です。 自己判断をせず、早めに専門の医師に診てもらい、適切な治療を行いましょう。

目次へ戻る

ザガーロに育毛・発毛効果はある?進行を食い止めるだけ?

AGAを発症している方がザガーロを服用した場合、「脱毛部位に太く長い毛の本数が増える」という効果があると、国内外の臨床試験によってポジティブな結果が報告されています。 20~50歳のAGA患者を対象とした試験では、頭頂部(直径2.54円内)の24週時における非軟毛の毛髪数の増加が以下の通り、認められています。

・ザガーロカプセル0.1mg:63.0本の増加
・ザガーロカプセル0.5mg:89.6本の増加

本数だけでなく、「毛髪の太さ」にも変化が報告されています。頭頂部と前頭部のいずれの箇所においても効果が認められていますが、特に頭頂部への効果が高いとされています。 この結果から考えると、AGAを発症している方の場合、ザガーロを使用することによって育毛・発毛効果を期待できると言えるでしょう。

ただし、、ザガーロのメカニズムを考えるとAGAの原因物質に作用し、進行を食い止めるということが主な役割です。AGAの進行がストップすることで、ヘアサイクルが改善され、結果として薄毛の進行が抑制されます。 より高い育毛・発毛効果を期待するのであれば、毛根に直接働きかけて細胞分裂を活発化することによって発毛・育毛を促進する効果が認められているミノキシジルとの併用が有効です。 基本的にザガーロとミノキシジルは問題なく併用することができますが、より安全に、そして高い効果を期待するのであれば、専門の医師の指導に従って使用するようにしましょう。 (参照※1)

目次へ戻る

ザガーロ内服時の身体への影響は体の数値を変える?

上記の通り、ザガーロはAGAによる薄毛に対して高い効果を期待することのできる治療薬です。しかし、多くの方が使用するにあたって、体への悪影響に不安を抱いているでしょう。 まず、数値で考えるとザガーロを服用することによってDHT値は下がります。DHTが薄毛症状の悪化に関与していることからDHT値の低下は薄毛の改善においてポジティブな効果であると考えられるでしょう。

この他には5αリダクターゼの働きが阻害されることによって、勃起不全(ED)やリビドー減退(性欲減退)、精液量減少といった性機能障害といった副作用が引き起こされるケースも報告されています。 これは5αリダクターゼは頭部以外にも前立腺や陰茎にも存在しており、勃起などの性機能に関わる働きをしているためです。 国際共同第Ⅱ/Ⅲ相試験(2010~2012)によると、ザガーロの服用による副作用の発現率は17.1%となっています。そして、その大部分が性機能障害でした。

とはいえ、試験中止に至るような重大な副作用は認められておらず、正しい容量・用法を守れば安全に使用することのできる治療薬といえるでしょう。 また、性機能障害の副作用が出たとしても、ザガーロには併用禁忌薬がないことからED治療薬を使用することで対策は可能です。

上記の通り、ザガーロによって引き起こされる副作用の多くは性機能障害ですが、発現率1%未満の割合で、蕁麻疹やアレルギー反応、発疹、頭痛、抑うつ気分、乳房障害、腹部不快感などが発生したという報告もあります。また、重篤な副作用としては肝機能障害や黄疸などが引き起こされたというケースもあります。これらの発現頻度は不明で、非常に稀なケースですが、重篤な副作用についてはASTやALT、ビリルビンの上昇を伴うことから、血液検査によってチェックすることができます。 専門クリニックで処方を受ければ、万が一副作用が発生した場合もすぐに相談し、対処することができます。なので、個人輸入などに頼るのではなく、専門の医師の処方の上で使用することが推奨されます。 (参照※3)

目次へ戻る

ザガーロは女性でも使用できる?

ザガーロを女性が使用することはできません。 薄毛といえば、男性特有の悩みというイメージが持たれがちです。しかし、薄毛や抜け毛といった悩みを抱えている女性も決して少なくありません。上記の通り、男性のAGAに対して、ザガーロは高い効果を期待することができますが、そもそも女性の薄毛については効果がありません。

男性胎児の成長に深刻な悪影響を及ぼす恐れがありますので妊娠中の女性や授乳婦にとってザガーロは禁忌薬です。

目次へ戻る

ザガーロの服用ができないケース

女性以外でも、未成年の方やザガーロの成分や5αリダクターゼ阻害薬に対する過敏症をお持ちの方、既往歴がある方も使用できません。 過去に薬を服用した際に過敏症を引き起こしたことのある方は当てはまる成分が含まれていないか十分に確認し、必ず医師に相談するようにしましょう。

また、ザガーロは肝臓で代謝されることから、重度の肝機能障害のある方も服用できません。十分に代謝されずに血中のデュタステリドの濃度が上昇しすぎてしまう恐れがあるためです。ただ、肝機能障害のある方に投与した場合の薬物動態については、現時点ではまだ明らかにはなっておらず、やはり専門の医師にしっかりと相談した上で指示に従うようにしてください。 (参照※1)

目次へ戻る

ザガーロはどのくらい使用すれば効果が出る?

ザガーロの服用によって効果を実感できるまでの期間は平均して6ヶ月から1年ほどです。 すでにご紹介した通り、ザガーロによる発毛効果はヘアサイクルの正常化によるものです。一般的に、正常なヘアサイクルの期間は成長期が約2~6年、退行期が約2週間、そして休止期が約3~4ヶ月です。 長いサイクルで人間の髪は成長していきますので、ザガーロによってヘアサイクルが正常化されたとしても、十分な栄養を蓄えた髪の毛が成長するまでにはある程度の時間を要するのです。 そのため、最低でも6ヶ月から1年ほどは継続して服用しなければ、治療による効果を実感することはできません。

ザガーロを用いた治療をはじめたばかりの場合、抜け毛が増えるというケースもあります。これは「初期脱毛」と呼ばれる症状ですので心配する必要はありません。休止期の髪が抜け落ちて、新しく健康な髪が発毛するための準備期間にあたり、ヘアサイクルを正常化するための過程のひとつです。すべての人に初期脱毛が起こるわけではありませんが、この時点で体質に合わないと自己判断し、服用を中断しないよう注意が必要です。 あまりに初期脱毛の量が多かったり、期間が長かったりといった場合は、専門の医師に相談してみましょう。

目次へ戻る

ザガーロを使用しても効果が出ないことがある?

すでにご紹介した通り、通常は平均して6ヶ月~1年ほどでザガーロによる治療の効果を実感できるケースが多いとされています。しかし、一方で1年以上が経過したにもかかわらず、効き目が出ないという場合もあるのです。

いくつかの理由が考えられますが、AGA以外の理由によって、育毛や発毛が妨げられている可能性があります。 生活習慣も髪に大きな影響を与えるものです。いくらAGA治療薬を使用しても、発毛や髪の成長に必要なタンパク質やミネラル、ビタミンなどが不足していては薄毛を改善することはできません。 また、頭皮に合わないシャンプーなどの使用も頭皮環境を悪化させ、発毛や育毛を阻害します。 この他にも、睡眠不足は成長ホルモンの生産を阻害しますし、過度なストレスは血行を悪化させ、頭皮環境の悪化を招きます。

過度の飲酒や喫煙といった習慣が薄毛を引き起こす原因となっているケースも少なくありません。

ザガーロは確かにAGA治療において高い効果を期待することのできる治療薬ですが、万能というわけではありません。ザガーロを用いた治療と同時に、生活習慣も見直さなければ十分な効果を得ることはできないのです。

AGA治療を行う際には、同時に毎日の生活を一度振り返ってみましょう。普段何気ない自分の生活習慣が、髪に対して悪影響を及ぼしていたというケースも少なくありません。 薄毛を引き起こす原因は、実にさまざまなところに潜んでいるものです。AGAだけが原因であると決めつけるのではなく、あらゆる角度から薄毛を引き起こしている要因を探し、その上で改善を目指しましょう。

目次へ戻る

参照

※1男性型および女性型脱毛症診療ガイドライン2017年版
https://www.dermatol.or.jp/uploads/uploads/files/AGA_GL2017.pdf

※2男性型脱毛症治療の現状と今後の展望
https://www.jstage.jst.go.jp/article/fpj/133/2/133_2_78/_pdf

※3グラクソ・スミス・クライン「ザガーロカプセル0.1mgザガーロカプセル0.5mgに関する資料
http://www.pmda.go.jp/drugs/2015/P20151001001/340278000_22700AMX01012_B100_1.pdf

AGA・薄毛治療についての無料カウンセリングや
初診のご予約はこちらから

費用や効果などの相談をしたい方

ご相談はこちら(無料)

AGA・薄毛の治療をお考えの方

専門の医師に診てもらう

薄毛治療の専門クリニック紹介

あなたにオススメの記事をチェック