ヘアメディカルプラス

あなたの髪の悩みを解決する専門メディア

AGA(男性型脱毛症)についてのQ&A

AGAの原因や治療について、皆さまから寄せられた疑問や質問に、発毛治療専門の医師とスタッフわかりやすくお答えします。

Q.AGA・男性型脱毛って何ですか?
A.

頭皮が見えるくらいの極端な抜け毛現象で、圧倒的に男性に多く起こります。
若年性と、壮年性に分けることができますが、双方合わせ「AGA」や「男性型脱毛症」と呼ばれています。

  • 最大の特徴

    AGAの最大の特徴は、髪の成長期が短くなることです。短縮化した成長期のあとには、退行期、休止期がやってきますから、生まれた髪が早く抜けてしまうわけです。
    そもそも、休止期の髪が抜けるのは、正常なことですが、成長期から休止期までの一連の周期がみだれてしまうと、頭皮に出ている髪の量にも変化が現れます。一旦、発毛バランスが狂うと、生まれた毛が細く弱々しくなっていくのも特徴です。末期的には、うぶ毛状になり、やがて再びそこからは発毛しなくなります。こうして、頭皮が露出し薄毛は進んでいきます。

  • 薄毛には、一定の進行パターンがあります。

    薄毛には、前頭部の生え際から後退していく「M型」と、頭頂部から薄くなっていく「O型」です。この行程を分類した「ハミルトン・ノーウッドの分類」と呼ばれる薄毛進行の目安があります。lからVll型まであり、数字が大きい程薄毛の程度はすすんでいます。必ずこの通りとは限りませんが、チェック指標として広く用いられていますので、ここに紹介しておきます。

Q.ハゲは遺伝するのでしょうか。
祖父、父共にハゲ頭です。私もいずれハゲるのか気をもんでいます。AGAは遺伝ですか?
A.

あきらめることはありません。実際薄毛の原因は遺伝ばかりでなく、ホルモンや栄養、ストレスなどの因子が複合的に影響を及ぼし合っています。家系的に薄毛の人が多くても、早いうちからその様な因子を取り除き、対策を行っておけば、薄毛や抜け毛の発症や進行を抑え予防することは可能だと思われます。
回答:AACクリニック名古屋 院長 平山信夫医師

遺伝も大きな要素のひとつだと思います。が、早期の脱毛、薄毛に関しては十分に医療的な予防が可能です。余談ですが、あまりに若い時期のハゲ頭が気になるのと同様、100歳を超えてもフサフサというのもなんとなく違和感があります。年齢相応の髪のボリュームがあるのではないでしょうか。
回答:脇坂クリニック大阪 院長 脇坂長興医師

Q.AGA改善の薬といわれる、厚生労働省が輸入承認した「フィナステリド」とはどんな薬ですか?
A.
  • フィナステリド(発毛剤)の注目を浴びる成分とは

    発毛剤として注目を浴びる成分フィナステリドとは、ホルモンの働きを抑制し、抜け毛を防止する薬剤です。
    AGA(男性型脱毛症)に男性ホルモンが強く関与していることが分かっているわけですから、ホルモン活性を阻害するという考え方です。
    このタイプの現在最も代表的なのは、5αリダクターゼ(酵素)阻害薬のフィナステリドです。本来は前立腺肥大や前立腺がんの治療薬として開発された医薬品ですが、副作用として異常発毛をみたことから発毛剤として用途が広がりました。すでに米食品医薬品局(FDA)では飲む発毛剤として認可されている医薬品です。

  • フィナステリドは万有製薬が輸入承認取得

    2003年3月から厚生労働省へ認可申請中だったフィナステリドですが、万有製薬株式会社が2005年10月11日AGA(男性型脱毛症)用薬「フィナステリド」の輸入承認を取得しました。
    これにより、日本初のAGA(男性型脱毛症)用薬「フィナステリド」が発売されることになりました。
    フィナステリドは医療用医薬品で、医師の診断・処方箋が必要です。また、薬価基準未収載薬のため保険給付の対象とはなりません。

【参考記事:のむ発毛薬の輸入承認 国内初、年内にも発売へ】
厚生労働省は11日、米国で開発された世界初の“飲む発毛薬”フィナステリドの輸入を承認した。承認申請した万有製薬によると、フィナステリドは既に世界60カ国以上で承認されている。国内で経口タイプの発毛薬が承認されるのは初めて。年内にも発売を始める予定。医師の診断、処方が必要で、保険の対象外。成人男性が対象で、1日1回0.2ミリグラムをのむ。増量による効果の増強は確かめられておらず、上限は1日1ミリグラム。海外での試験で有効性が認められなかったため、女性は適応外だ。性欲減退や性機能の低下の副作用がまれに起きることがあり、肝機能に障害がある男性に対しては安全面から慎重に投与する。
[2005年10月11日 / 共同通信]

発毛治療専門クリニックでは、内服薬と外用薬を中心とした発毛治療を行っています。内服薬はフィナステリドです。
外用薬はリアップの成分として知られるミノキシジルの含有量を調整したものを使用しています。

  • これらの薬剤処方前に事前検査を行い、薬剤投与に問題ないかを確認します。
Q.AGAではなくても育毛剤や発毛剤を使っても良いのでしょうか?
A.

医薬品、および医薬部外品の育毛剤や発毛剤には、「脱毛の予防」「ふけ、かゆみの防止」の効能・効果が認められているため、脱毛症になる手前の人が、予防を目的として使用することができます。予防のため、あるいは脱毛の初期段階から使用することにより、脱毛を未然に防止したり、将来の脱毛の進行を遅らせたり、脱毛症を発症したとしても程度の軽いものに止めたりする効果も期待できます。

Q.現実にAGAの治療を発毛専門病院ですると、いったいどのくらいの治療費が必要になるでしょうか?
A.

現在の発毛治療では厚生労働省の指定する保険適応の疾患の中には入っていません。そういった保険適応外の疾患の治療は、「保険診療」に対し、「自由診療」と呼ばれます。

自由診療とは

その人の状態によって多少個人差はありますが、私の医院では、大まかに初診時は検査料込みで10,000円(税別)、毎月の診療費15,000~32,000円(税別)で、治療を行っています。 医療機関によって異なると思いますが、内科的な治療か外科的な治療かによって、また治療期間と治療費にも随分と差がでると思います。各医院が独自に料金を決めてその診療をおこなうことになっています。が、自由診療の世界では、治療する側が立場の優位を利用して法外な値段を押し付けるケースもあり、しばしば患者さんとのトラブルに発展します。ですから保険診療の時以上に慎重になって、確かな医療機関を探す必要があります。
回等:メンズヘルスクリニック東京(旧:城西クリニック) 院長 小林一広医師

Q.ハゲは治療で治りますか?
A.

「ハゲは遺伝だから治療しても治らない」と思われている方も多いと思いますが、一般的に「ハゲ」と言っても、薄毛のことですので、その原因は様々で、原因によっては治療法があります。もちろん、正しい治療を行えばハゲも治療で治すことが可能です。

例えば、「ハゲ」と言えば、AGA(男性型脱毛症)とは違う、「10円ハゲ」などの「円形脱毛症」のイメージが強いと思いますが、ヘアメディカルグループでは円形脱毛症の専門外来を開設するなど、AGA以外の脱毛症にも積極的に取り組んでいます。

ハゲの原因は間違ったヘアケアをはじめ、ストレス、睡眠、食生活などがあり、AGAの薬(プロペシアなど)の服用だけで改善するというわけではありません。専門クリニックでは、多角的なアプローチで頭髪治療を行い、ハゲ・薄毛の改善(発毛)へと導きます。

他のカテゴリを見る