ヘアメディカルプラス

あなたの髪の悩みを解決する専門メディア

髪の悩みガイド

AGAに対して効果的なザガーロにはどんな副作用がある?

ザガーロを使用すると抜け毛が増える?初期脱毛とは?

ザガーロカプセル(以下、ザガーロ)によるAGA治療を開始すると、初期の段階で抜け毛が増加するケースがあります。これは初期脱毛と呼ばれるものです。 ザガーロは頭頂部や前頭部などにある酵素の5αリダクターゼの働きを阻害して、男性ホルモンのテストステロンがAGAの原因であるDHT(ジヒドロテストステロン)になるのを抑制する働きがあります。その結果、ヘアサイクルを正常化し、薄毛が改善されるというメカニズムです。 初期脱毛にはこのヘアサイクルが大きく関係しています。

人間の髪は放っておくとずっと伸び続けるもの……そんなイメージを抱いている方も多いかもしれませんが、発毛し、髪が成長していく成長期、そして成長が緩やかになる退行期、完全に成長がストップし、やがて抜け落ちていく休止期といったサイクルがあります。これがヘアサイクルです。

AGAを発症すると成長期が短縮されたり、阻害されたりすることによって十分な成長ができなくなってしまいます。これがヘアサイクルの乱れです。 ザガーロによってヘアサイクルが改善されると、新しく健康な髪が生えるために、十分に成長できないまま休止期となってしまった髪が抜け落ちるのです。これが初期脱毛となります。

つまり、初期脱毛はザガーロの効果が表れはじめた証拠であり、新たに健康な髪が発毛する準備段階であるといえるでしょう。そのため、特に心配する必要はありません。 初期脱毛の表れ方は人によって異なりますので、逆に起こらなかったとしても、薬が効いていないというわけではありませんので、安心して治療を継続しましょう。

一般的に初期脱毛の期間は、症状が出てから2~3ヶ月程度とされています。あまりにも期間が長い場合や、症状が重いと感じられる場合、自己判断で服用を中止するのではなく、専門の医師に相談した上で対策を打つことが大切です。 (参照※1)

目次へ戻る

ザガーロを使用すると肝臓に影響が出る?

ザガーロを服用することによって起こりうる副作用の中でも、代表的な例として挙げられるのが肝機能障害です。 では、なぜザガーロの使用は肝臓に影響するのでしょうか?

ザガーロは肝臓で代謝される薬です。そのため、肝臓にある程度の負担がかかると考えられています。とはいえ、肝機能障害などが引き起こされるケースは非常に稀です。 肝臓に負担をかける可能性があることから、肝機能障害を患っている方は医師に深刻した上で指示に従うようにしてください。

肝機能障害や黄疸といった副作用についてはAST(GOT)、ALT(GPT)、ビリルビンなどの数値が上昇することから、血液検査によってチェックすることが可能です。そのため、不安な方は定期的に検査を受けるようにしましょう。

目次へ戻る

ザガーロを使用すると鬱になる?精神的な影響は?

すでにご紹介した通り、ザガーロの有効成分であるデュタステリドには、酵素の5αリダクターゼの働きを阻害することによってAGAの原因物質であるDHTの生成を抑制する働きがあります。 つまり、ザガーロを服用することによってDHT値が低下することになります。

DHTは単にAGAを引き起こすだけでなく、やる気や気力を出す強力な作用があることがわかっています。そのため、DHTの生成が抑制されることによって、気力の低下やうつ症状を発症するケースがあるのです。 しかし、発現率は1%未満と低く、稀な副作用であるといえるでしょう。

目次へ戻る

ザガーロの使用は子供に悪影響を及ぼす?

ザガーロの女性への使用は禁忌となっています。まず、女性の薄毛への効果については認められていません。そして、何よりも大きな理由となっているのが子供への悪影響です。 妊娠中の女性が服用すると、男性胎児の生殖器官等に影響を及ぼす可能性があるとされています。また、皮膚からも成分が吸収されることから、直接触れることも避ける必要があるのです。 子作り時期や、妊娠中の女性との生活中の場合、服用や置き場所も含めた配慮が必要といえます。

また、詳しくは後述しますが、ザガーロの副作用として性機能障害が発現することがあります。これは子供への悪影響ではありませんが、これから子作りを考えている方は、男性の性欲減退が生じる可能性がわずかではありますがあります。そのため、医師と相談した上で使用するようにしましょう。

目次へ戻る

ザガーロを使用すると胸が大きくなる?女性化乳房とは?性機能に影響はある?

ザガーロの副作用としてもっとも多く報告されているのが性機能障害です。 国際共同第Ⅱ/Ⅲ相弛緩においても、報告されている副作用の大部分が性機能障害となっています。具体的な症状としては勃起不全(ED)やリビドー減退(性欲減退)、精液量減少などが挙げられます。 ザガーロの有効成分であるデュタステリドは、酵素の5αリダクターゼの働きを阻害する効果が認められています。これは、AGA治療において重要な薬理作用ではありますが、これが性機能障害を引き起こすと考えられています。 5αリダクターゼは頭部のみでなく、前立腺や陰茎にも存在しており、勃起などの性機能に関わる働きをしているためです。その働きがザガーロによって阻害されることから、性機能障害が引き起こされてしまいます。

また、ザガーロの副作用として女性化乳房、乳房肥大も挙げられます。これはその名の通り、女性のように胸が大きくなってしまうという症状です。 男性の体内にも一定の女性ホルモンが存在しますが、その分解が遅れるため、ホルモンバランスが崩れ、体に影響を及ぼしてしまうことが原因と考えられています。 肥大化以外にも、乳頭痛や乳房不快感といった症状も報告されていますが、いずれも発現率は低く、稀な副作用であるといえます。

この他に、性機能に関する副作用として起こりうるものとして、精巣痛なども挙げられますが、発現頻度は高くはありません。

目次へ戻る

ザガーロによって副作用が起こる頻度は?

上記の通り、ザガーロによるAGA治療によって、いくつかの副作用が起こる可能性があります。では、その頻度はどの程度なのでしょう? 国際共同第Ⅱ/Ⅲ相試験(2010~2012年)において、臨床検査値異常を含む副作用の発現率は557例の内、95例で、17.1%となっています。 その中でも、特に高い割合を占めているのが、先ほどもご紹介した性機能障害です。 もっとも多かったのが勃起不全(ED)で、4.3%。日本人に限定すると5.0%となっています。次いで、リビドー減退(性欲減退)が3.9%、精液量減少が1.3%となっています。 発現率が1%未満の副作用としては、発疹、頭痛、抑うつ気分、乳房障害(女性化乳房、乳頭痛、乳房不快感)、腹部不快感などが報告されています。

そして、頻度不明の起こりうる副作用としては、蕁麻疹、アレルギー反応、瘙痒症、限局性浮腫、血管浮腫、浮腫性めまい、味覚異常、精巣痛、精巣腫脹、脱毛症(主に体毛脱落)、多毛症、腹痛、下痢、倦怠感、血中クレアチンホスホキナーゼ増加などが挙げられます。

17.1%というと、かなりの高い割合に思えるかもしれませんが、軽微なものも含まれており、逆に重篤な副作用起こったという報告は稀です。 特に重篤な副作用としては、先ほどもご紹介しましたが、肝機能障害や黄疸が挙げられます。こちらも発生頻度は不明となっていますが、稀なケースであると考えていいでしょう。

確かにザガーロを服用することによって副作用が引き起こされる可能性はありますが、容量や用法を守って正しく使用すれば、安全に使用することができます。 とはいえ、副作用が起こる可能性はゼロではありませんので、専門のクリニックなどで医師による指導に従って使用するようにしましょう。そうすることで、ザガーロの安全性や効果をより高めることができます。

目次へ戻る

ザガーロを安全に使用するために

いうまでもないかもしれませんが、ザガーロを安全に使用するためには、容量・用法を守ることが大切です。 ザガーロには有効成分のデュタステリドの含有量が0.1mgのものと0.5mgのものがあります。成人男性の場合、通常は0.1mgのものは1日1回、服用します。専門の医師の判断のもと、必要であれば0.5mgのものを1日1回服用してください。

服用の際の注意点としては、カプセルの内容物が口内や喉の粘膜を刺激することがあるため、カプセルは噛んだり開けたりせずに服用しなければなりません。 また、ザガーロは継続して使用する必要があります。人によっては投与開始後12週間で改善が認められることもありますが、通常は6ヶ月間の服用が必要となります。 また、6ヶ月異常服用してもAGAの改善がみられない場合には、専門の医師の判断のもとで中止・または継続服用を検討すべきです。

また、この他にも以下の注意点があります。

・服用中の献血はできない
ザガーロの服用中は輸血、献血ができません。服用を中止した後も、血中濃度が下がるまでに一定の時間が必要となります。 ザガーロの有効成分であるデュタステリドが体外に排出されるまでには12~20週間程度の時間がかかるとされており、ザガーロを休薬する場合、この日数を考慮してください。また、数値が正常に戻るまでには約6ヶ月が必要であるという点も頭に入れておく必要があります。

・前立腺がんの検査を受ける際の注意点
ザガーロは前立腺がん検査における数値に影響を与える可能性があります。そこで、正しい診断を受けるために、ザガーロを服用している旨を担当する専門の医師に報告してください。

・併用注意薬がある
ザガーロには併用禁忌薬はありません。しかし、その一方で併用注意薬があります。CYP3A阻害作用のある薬と併用すると、ザガーロの血中濃度が上昇する可能性がありますので注意が必要です。 他に服用している薬がある場合、必ず専門の医師に報告の上で、指示を仰ぐようにしてください。

・個人輸入による購入は推奨されない
ザガーロは個人輸入によって購入することも可能です。しかし、海外で流通しているものの中には偽造薬も多く、非常にリスクが高いのです。 また、ここでご紹介しました通り、ザガーロを服用することによって副作用が起こる可能性もあります。そのため、自己判断での使用は危険です。安全に、そして効果的に使用するためには、専門のクリニックなどで専門の医師の診断・検査などの上で処方を受けることが推奨されます。

目次へ戻る

参照

※1男性型および女性型脱毛症診療ガイドライン2017年版
https://www.dermatol.or.jp/uploads/uploads/files/AGA_GL2017.pdf

AGA・薄毛治療についての無料カウンセリングや
初診のご予約はこちらから

費用や効果などの相談をしたい方

ご相談はこちら(無料)

AGA・薄毛の治療をお考えの方

専門の医師に診てもらう

薄毛治療の専門クリニック紹介

あなたにオススメの記事をチェック