ヘアメディカルプラス

あなたの髪の悩みを解決する専門メディア

ミノキシジル

ミノキシジルは、脱毛症の治療に用いられる液状の外用薬です。もともとは血管拡張効果があることから血圧降下剤として開発されたのですが、体毛が濃くなることが確認されたため、転じて現在では薄毛改善の治療薬に用いられています。

なお、プロペシアやザガーロといった処方箋治療薬とは異なり、一部市販されているのも特徴です。そんなミノキシジルについて、平山先生のワンポイント解説も交えて詳しく説明していきます。

平山 信夫

  • 日本形成外科学会 会員
  • 特定非営利活動法人フューチャー・メディカル・ラボラトリー 理事

ミノキシジルについて

ミノキシジルとは?

ミノキシジルは、米国のファルマシア・アップジョン社(現・ファイザー株式会社)が1960年代に開発した、高血圧症患者向けの血圧降下剤です。

しかし臨床実験中に多毛症の副作用が報告されたため、薄毛治療用に転用されました。1980年代にミノキシジル濃度2%の薄毛治療用の外用薬が誕生し、現在では世界中の製薬会社から、ミノキシジルが含有されている外用薬が発売されています。

ミノキシジルはAGA(男性型脱毛症)治療に効果のある外用薬(皮膚へ直接塗布する薬剤の総称)として、国内で認可されています。ミノキシジル濃度2%~5%のものが主流であり、医師の診察と処方があれば5%を超える濃度のものも使用可能です。

ミノキシジル濃度の高い外用薬は、専門クリニックでの検査や医師の診断がなければ入手できません。含有量が多ければ多いほど大きな改善効果を見込めますが、副作用のリスクも高まるからです。自己判断で使用することは絶対に避けましょう。

平山信夫 医師
Dクリニック名古屋
平山信夫先生

専門クリニックでは検査によって患者様一人ひとりに合ったミノキシジル濃度で処方します。

目次へ戻る

ミノキシジルの効果

ミノキシジルには、発毛や髪の成長を促進する作用があります。頭皮に直接塗布することで、毛母細胞が刺激され、細胞分裂が活発になるためです。頭頂部や前頭の薄毛に対して高い効果を発揮することが認められています。

【内服薬と異なる作用】

AGAは、DHT(ジヒドロテストステロン)という物質が頭皮のヘアサイクルを乱すことで引き起こされる脱毛症です。DHTは、男性ホルモンの一種であるテストステロンが乳頭毛細胞に取り込まれ、5α-リダクターゼ(5α還元酵素)と結合して変換されます。これがヘアサイクルを退行期へと誘導することで、AGAの引き金となります。

代表的なAGA治療薬であるプロペシアやザガーロは、上述した5α-リダクターゼを抑制することでAGAを改善する内服薬の一種です。これに対してミノキシジルは、細胞分裂の活性化によって発毛と髪の毛の成長を促進する外用薬です。

それぞれ明確な違いはありますが、ミノキシジルとこれらの内服薬は作用機序が異なるため併用することが可能です。 プロペシア等で進行を食い止め、ミノキシジルで発毛を促すのが効果的なAGA治療となります。

平山信夫 医師
Dクリニック名古屋
平山信夫先生

ミノキシジルは、頭皮の血流改善などで髪が成長しやすい“土壌を作る”治療薬です。

目次へ戻る

ミノキシジルの副作用

ミノキシジルはAGA改善に有効である一方、いくつかの副作用も確認されています。例えば、適用部そう痒感や発疹、皮膚炎、紅斑などです。これらはミノキシジルに限らず、外用薬の多くでみられる症状です。ミノキシジル特有の副作用として、浮動性めまいや頭痛、動悸、血圧低下といったものも報告されています。

【副作用の発症確率】

平成21年2月にモニター店が行った特別調査によると、平均で約8%の割合でミノキシジルの副作用が確認されました。しかし、これらの中には特に重篤なものはありませんでした。

重篤な有害事象としては突発難聴やアナフィラキシー反応、肝機能検査異常がそれぞれ1件ずつ報告された一方、いずれも患者背景などの情報が得られておらず、ミノキシジルによる副作用であるかどうかは評価できていません。

いずれにしても、重篤な副作用の報告割合は極めて低く、安全な治療薬であるのは間違いありません。

平山信夫 医師
Dクリニック名古屋
平山信夫先生

副作用の報告があることから、使用上の注意点をしっかりと守った上で使用することが大切です。

目次へ戻る

ミノキシジルの注意点

ミノキシジルは血圧降下剤として開発されてものであり、血管拡張作用があることから、高血圧患者や狭心症をはじめとする循環器系の疾患を抱えている方の使用は注意が必要です。

加えて、適用部そう痒感といった副作用も報告されていることから、もともと肌が弱い方や、過去に外用薬の使用からなるアレルギー反応を起こした方の使用も控えるべきです。

ミノキシジルは市販薬であるものの、安心して使用したいのであれば事前に医師の診断を受ける必要があります。これはミノキシジルに限った話ではなく、使用中に体調不良や何らかの副作用を感じた場合は即座に使用を中止し、専門の医師に相談する必要があります。

【購入に関する注意点】

含有量5%までのものであれば、医師による診断・処方がなくても購入できるミノキシジル。その入手方法はドラッグストアでの購入をはじめ、多岐にわたります。

例えば、個人輸入によって日本国内に流通していないミノキシジル含有のAGA治療薬を入手することも可能です。中には含有量5%以上の治療薬まであり、効果の高さを謳っている製品も少なくありません。

しかし、これらを自己判断で使用するのは、健康被害のリスク等を含めて危険です。

また、偽造薬も数多く流通しています。偽造薬は十分な効果が得られないばかりか、健康に害を及ぼすケースもありますので、絶対に使用してはなりません。

かつては、ミノキシジルを含む治療薬の選択肢が少なく、入手が困難だったことから個人輸入などが利用されていました。しかし、今日ではAGA治療のできる皮膚科や専門クリニックも全国的に増えていることから、わざわざリスクの高い個人輸入に頼る必要はないのです。

送料を含めたコスト面や、手間を考えてもクリニックなどで処方を受けた場合とのコストの差はほとんどなくなっています。 つまり、自己判断で個人輸入することのメリットはほとんどないといえます。そればかりか、リスクを背負うことになるのです。

平山信夫 医師
Dクリニック名古屋
平山信夫先生

ミノキシジルは信頼できるクリニックで処方してもらうのが確実です。

目次へ戻る

ミノキシジルの使用方法

ミノキシジルを含有するAGA治療薬にはいくつかの種類があります。国内で最も普及しているのは、ローションタイプです。そのほかにもゲルタイプなどもあります。

具体的な使用方法については製品や容量によって異なるものの、1日2回、脱毛部に直接塗布します。朝と夜に1回ずつ塗布する形が最も効果的です。一度の使用量は治療薬によって異なりますので、注意書きをしっかりと読み、用法・用量を必ず守るようにしてください。

【効率的な塗布の仕方】

実際にミノキシジルを塗布してみると、わずかな量に感じられるかもしれませんが、それでも十分な効果が得られます。脱毛範囲が広い場合も1回あたりの使用量を守った上で、範囲を計算しながら塗布してみてください。

ローションタイプの外用薬は垂れやすいため、少しずつ塗るのがコツです。ゲルタイプであれば、リキッドタイプのように患部から短時間で流れ落ちることなく、塗布した部位へ長い時間、滞留を確保することができます。脱毛部全体に治療薬がいきわたったら、頭皮を軽くマッサージします。

なお、使用中および使用直後は、火気を避けるようにしてください。もちろん、使用直後の喫煙も厳禁です。

平山信夫 医師
Dクリニック名古屋
平山信夫先生

箱や説明書に記載されている「使用上の注意」は必ず守るようにしましょう。

目次へ戻る

ミノキシジルの初期脱毛

ミノキシジルの使用を開始すると、初期段階で脱毛が発生することがあります。AGA改善のためにミノキシジルを使用しているにもかかわらず、逆に脱毛が起こったことで、ショックを受けてしまう方も少なくありません。

【初期脱毛に関わるヘアサイクル】

初期脱毛のメカニズムを知るためには、頭皮のヘアサイクルについて理解を深める必要があります。人間の髪の毛には成長期・退行期・休止期という一定周期のヘアサイクルが存在しており、成長期に発毛して育った髪の毛は、退行期および休止期を経て抜け落ちるものです。この脱毛は生理的脱毛と呼ばれ、適正量の範疇であれば薄毛にはなりません。

ミノキシジルは、休止期から成長期への移行を促進する効果があります。つまり、休止期に入り、成長の止まっている髪が初期脱毛として抜け落ちているわけです。初期脱毛とはいわば、新たな髪の毛の発毛と、それを成長させるための準備をしているサイン。決して、薄毛の悪化を心配する必要はありません。

また、ミノキシジルには成長期における髪の毛の成長促進・維持の効果もあります。成長期が適切に維持されることでヘアサイクルを正常化し、結果としてAGAが改善されるのです。なお、ミノキシジルの使用による初期脱毛は個人差があります。脱毛があまりにも多かったり、長期的に続いていたりする場合は別の原因が考えられますので、一旦使用を中断し、皮膚科や専門クリニックの診察を受けてください。

平山信夫 医師
Dクリニック名古屋
平山信夫先生

初期脱毛が起こり、焦って使用を中止するのは逆効果です。不安な場合は医師に相談しましょう。

目次へ戻る

ミノキシジルの効果が出るまでの期間

ミノキシジルに限った話ではなく、AGA治療薬の多くが使用開始から効果を実感するまでの期間に個人差があります。ミノキシジルは、ヘアサイクルを正常化することでAGAの改善を促す治療薬です。ヘアサイクルは人によって2年から5年と大きな幅がありますので、効果を実感するまでに、1年単位の期間が求められるケースも少なくありません。

いずれにせよ、効果の実感までに時間がかかる治療薬ですから、最低でも6カ月間は使い続ける必要があります。仮に効果が出なかったからといって、自己判断で使用を中断するのは避けてください。場合によっては、初期脱毛が起こっただけで、肝心の発毛や髪の成長を促せないまま終わることになります。

【効果を実感しにくいその他の理由】

ミノキシジルによる効果を実感しにくい理由は、使用期間以外にも存在します。使用法を間違っていたり、ミノキシジルの含有量が低すぎたりするケースもあるのです。なお、既に毛根が死滅している場合は、ミノキシジルを使用しても効果が得られません。

この他、食生活や生活習慣の乱れていればミノキシジルでヘアサイクルや頭皮環境を改善しようとしても、肝心の髪の毛を合成するタンパク質や亜鉛などのミネラル、ビタミンB群が不足しているので、発毛や髪の成長を望めません。

ミノキシジルの効果について自己判断を下すのは極めて困難です。用法・用量を守って使用しているにもかかわらず、長期間にわたって効果を得られていない場合は、医師に判断を委ねましょう。原因を早い段階で特定しなければ、AGAの改善が難航してしまいます。

平山信夫 医師
Dクリニック名古屋
平山信夫先生

ミノキシジルの効果を信じ、根気強く使い続けることがAGA改善への近道です。

目次へ戻る

プロペシアやザガーロとの違い

上述したように、AGAの治療にはプロペシアやザガーロといった内服薬が用いられます。以下では、ミノキシジルと各内服薬の違いについてみていきます。

【プロペシアの特徴】

プロペシアはフィナステリドという有効成分を配合した内服薬であり、前立腺肥大症の治療薬として開発されました。しかし、副作用のひとつに発毛効果が認められたため、今日ではAGA治療薬にも用いられているのです。

この治療薬はⅡ型の5α-リダクターゼを阻害し、男性ホルモンの一種であるテストステロンがDHTに変換されるのを防ぐ効果があります。なお、副作用として少ないですがリビドー減退や勃起不全、射精障害が報告されています。

【ザガーロの特徴】

一方のザガーロに含まれる有効成分はデュタステリド。こちらも上記のフィナステリド同様、前立腺肥大症の治療に用いられていました。AGA治療薬としての効果の違いは、Ⅱ型のみでなく、Ⅰ型の5α-リダクターゼも阻害できるという点です。DHTの生成を抑え、半減期が長いためより高い改善効果を期待できる治療薬です。

主な副作用はプロペシアと同様。使用上の注意点についても、デュタステリドも肝臓によって代謝されるため、肝機能が弱っている方の服用は控えなければなりません。また、女性に対する効果が認められていない他、妊娠中の服用は胎児の発育に悪影響を及ぼします。経皮吸収される性質を持っているため、錠剤に素手で触れるのも厳禁です。

【各内服薬とミノキシジルの違い】

AGAの進行遅延を目的とするプロペシアおよびザガーロに対し、血流拡張作用によって発毛を促すのがミノキシジルです。薄毛の直接な原因を防ぐ作用はありませんが、健康的な新しい髪を生やすのがミノキシジルの主たる目的。男性ホルモンに作用する治療薬ではないため、女性の薄毛にも効果があります。

ミノキシジルは皮膚に直接塗布する外用薬ですので、頭皮の発疹や皮膚炎といった“塗布部分に現れる副作用”が報告されています。一方、内服薬であるプロペシアおよびザガーロは、有効成分が血流にのって全身に作用するものです。“性機能や循環器系に影響する副作用”が中心となっていますが、これらはあくまでも個人差があります。

平山信夫 医師
Dクリニック名古屋
平山信夫先生

同じAGA治療薬であっても、アプローチの方法が大きく異なります。

目次へ戻る

プロペシアやザガーロとの併用

治療薬としての作用機序が異なるため、ミノキシジルはプロペシアやザガーロと併用することが可能です。皮膚科やクリニックによっては、AGAの効果的な治療法として、併用することが推奨されています。

プロペシアやザガーロは、AGAの原因となるDHTの生成を防ぎ、ヘアサイクルの正常化を促す治療薬です。そこに発毛効果のあるミノキシジルを併用すると、それぞれ単体で使用するよりも、より大きな効果が発揮されます。特にザガーロは、前頭部を含めた広範囲の薄毛に対する効果が確認されていますので、ミノキシジルとの併用が非常に有効です。

ただし、ミノキシジルの効果を実感できるまでの期間は個人差があり、ヘアサイクルに影響されることもあり、少なくとも6カ月以上は使い続けなければなりません。それに伴い、併用期間も6カ月は必要といえます。

副作用のタイプは異なるし、発現の仕方にも個人差があります。可能であれば併用を開始する前に、皮膚科や専門クリニックで検査を受けることをおすすめします。

【効果を高めるために今できること】

適切な形で治療薬を使用することができれば、AGA改善に一定の効果を期待できるものの、それだけでは十分とはいえません。なぜなら、薄毛の原因は無数にあるため、それらが重なり合うことで症状の悪化を招いている恐れがあるからです。

プロペシアやザガーロはDHTというAGAの根本的な原因を、そしてミノキシジルが育毛・発毛を促します。ですが、それ以外の部分に薄毛を進行させる原因が潜んでいる可能性は否定できません。

具体的には、プロペシアやザガーロとミノキシジルを併用すると同時に、薄毛の原因となる食事バランスや生活習慣を見直したり、ストレスの解消・軽減を心掛けてみたりしてください。AGA治療を成功させるためには、治療薬に頼りきるのではなく、こうした日々の積み重ねも重要となるのです。

平山信夫 医師
Dクリニック名古屋
平山信夫先生

治療薬を併用し、相乗効果でAGAの早期改善を目指しましょう。

目次へ戻る

ミノキシジルはクリニックでの処方がおすすめ

現在、日本国内でも正式認可されたミノキシジル含有の治療薬が市販されており、身近なドラッグストアで購入することができます。もちろん市販品とはいえ、正しく使用すればAGA改善に対して一定の効果を期待できるものです。

現在市販されている治療薬はミノキシジル含有量が100mlあたり5mg(5%)までとなっていますが、医師による処方さえあれば、より含有量を調整した治療薬を使用することも可能です。より効果的であり、自身の頭皮環境に合ったミノキシジル外用薬をお求めの方は、クリニックで処方してもらうことをおすすめします。

【クリニック以外で濃度の高いミノキシジルを入手する危険性】

濃度の高いミノキシジルを含むAGA治療薬は、個人輸入で入手することも可能です。しかし、上述したように偽造品が多く流通していることから、高いリスクを伴います。万が一偽造品を使用して重篤な副作用を引き起こしたとしても、医薬品副作用被害救済制度の対象にはなりませんので覚えておきましょう。

その点、クリニックであればAGAリスク遺伝子検査やアンドロゲンレセプター遺伝子検査、ミネラル検査などによって、一人ひとり異なる薄毛の原因や、進行具合まで正確に把握した上で処方します。より自分に合った治療を受けられるのが、クリニックを選択する最大のメリットなのです。

コスト的にはドラッグストアで購入した方がよいかもしれませんが、それで効果が得られなければ本末転倒です。より安全に使用でき、効果的な治療を希望するのであれば、まずはクリニックでカウンセリングを受けることからはじめましょう。

平山信夫 医師
Dクリニック名古屋
平山信夫先生

市販品のミノキシジル外用薬であっても、医師に相談のうえクリニックで処方してもらうことで治療に対する不安を取り除けることでしょう。

目次へ戻る

ミノキシジルの効果について

薬のイメージ

ミノキシジルは高血圧治療用の血圧降下剤として開発されましたが、発毛作用が認められたため発毛剤の成分として転用されました。

ミノキシジルには血管を拡張させて血流を改善し、毛乳頭細胞に栄養を届けやすくさせる効果があると考えらえており、また、毛包に直接働きかけて、毛包の活動を活発化させる働きもあります。

ミノキシジルは、脱毛部位に直接塗布する外用薬です。塗布する際には、使用しているミノキシジルの用法・用量をよく守りましょう。

ここからは、ミノキシジルの歴史と効果、その使い方についてご紹介します。

ミノキシジルの歴史って?

平山信夫 医師
Dクリニック名古屋
平山信夫先生

ミノキシジルは元々、高血圧患者の治療薬、降圧剤の成分として用いられていました。

ミノキシジルは1960年代に、ファイザー社の前身であるアップジョン社によって開発された血圧降下作用のある成分です。血管を拡張させて血液の流れをスムーズにすることで、血圧を下げる働きがあります。

しかし、ミノキシジルを投与された高血圧患者様の中に多毛症の副作用が発現したため、育毛剤の成分として転用されました。

目次へ戻る

ミノキシジルにはどのような効果がある?

平山信夫 医師
Dクリニック名古屋
平山信夫先生

血流を改善して栄養を毛乳頭細胞に届けやすくするだけでなく、毛包の働きを活発化させて育毛・発毛を促進させます。

血液は栄養や酸素などを乗せて全身を巡り、体のさまざまな器官に届ける役割をしています。しかし、血管が狭くなっていると血液の循環が滞るため、栄養や酸素が届きにくくなります。

ミノキシジルには血管を拡張させて血流を改善する作用があるため、栄養や酸素が髪の毛の成長に関与する毛乳頭細胞に届きやすくなります。そのため、高血圧患者に多毛症の副作用が発現したのです。

ミノキシジルには毛包の働きを活発にさせる作用もあります。1本の髪の毛は十分に成長した後、同じ毛穴から新毛に押し出されるように抜け落ちますが、脱毛症により毛包が不活発な状態だと、髪の毛を成長させる機能がほとんど失われているため新毛が成長できません。

ミノキシジルはそんな不活発な毛包に直接働きかけて、毛包の活動を再度活発化させるのです。このとき、毛包が不活発だったために新毛に押し出されずに頭皮から生えたままだった古い髪の毛が、新毛に押し出されるように抜け落ちます。この現象は初期脱毛と呼ばれており、ミノキシジルでの治療を始めて1カ月~2カ月の間によく起こります。

ミノキシジルの治療を開始してから抜け毛が増えたのを見て、治療に失敗したと治療を中断してしまう方もいます。しかし、初期脱毛はむしろミノキシジルの治療が成功している証拠でもあるため、心配せずに治療を継続することが大切です。

目次へ戻る

ミノキシジルはどうやって使うの?

平山信夫 医師
Dクリニック名古屋
平山信夫先生

製品の添付文書や医師に指示された用量を遵守して、脱毛部位に直接塗布します。

ミノキシジルは液体性の外用薬であり、適量を直接脱毛部位に塗布します。適量は製品や医師に処方されたミノキシジルによって異なるため、製品の添付文書や医師の指示に従ってください。自己判断で勝手に用量を増量すると、塗布部位のかゆみや頭痛などの副作用の症状が発現しやすくなる恐れがあります。

使用を開始したら、最低でも6カ月間は使用を継続することが大切です。ほとんどの使用者は、使用を開始してから6カ月経過後にミノキシジルの効果を実感しています。ただし、1年間使用を継続しても効果が現れない場合には、ミノキシジルが体質に合っていない可能性も考えられるため、医療機関で医師に相談しましょう。

目次へ戻る

ミノキシジルの副作用にはどのようなものがあるか?

カルテに記入する医者のイメージ

ミノキシジルの副作用には、かなり稀ですが頭痛やめまいなどの血圧が下がることで発現する症状と、かゆみなどの接触する事で発現する症状が主に報告されています。副作用が発現する頻度はそこまで高くありませんが、、もしも症状が発現した場合には、医療機関で医師の診断を受けましょう。

高血圧患者の方や低血圧患者の方、狭心症患者の方など、安全のためにミノキシジルを使用する前には医師に相談したほうがよい方もいます。他にも、アルコールは血圧を一時的に下げる作用があるため、飲酒時にミノキシジルを使用することは控えましょう。

最後は、ミノキシジルの副作用の症状と、ミノキシジルを使用する前に医師に相談するべき方の特徴をご紹介します。

ミノキシジルの副作用にはどのような症状があるのか?

平山信夫 医師
Dクリニック名古屋
平山信夫先生

主に血圧が下がることによって発現する症状と、血行がよくなることで発現する症状のふたつがあります。

<血圧が下がることによって発現する症状>
ミノキシジルには血管を拡張させる作用があるため、血圧が下がる可能性があります。その場合、主に以下の症状が出る事があります。 ミノキシジルの承認日(平成21年2月23日)から行われたモニター店により特別調査の結果に基づいて、各副作用の発現頻度についても併せてご紹介しましょう。

  1. 頭痛(0.33~0.38%)
  2. 浮動性めまい(0.20~0.25%)
  3. 体位性めまい(0.03%)
  4. 動悸(0.2%)
  5. 感覚鈍麻(0.03%)

<血行がよくなることで発現する症状>
ミノキシジルに頭皮に塗布することで、肌が弱い方などに主に以下の症状が発現しやすくなります。

  1. かゆみ(2.53~4.04%)
  2. 炎症(0.06~0.07%)
  3. にきび(0.06~0.10%)
  4. 肌荒れ(0.06%)
  5. ほてり(0.03~0.06%)

ほかにも平成21年2月23日から平成25年2月22日までの自発報告を対象とした一般調査では、不整脈が9件、片頭痛が1件、アナフィラキシー反応が3件報告されています。これらは発現頻度こそ低いものの、念頭に置いておくべきでしょう。

副作用の発症は極めてまれなことなので、過剰に心配せずに使用することが大切です。もしも副作用が生じた場合には、使用を中断して医療機関で医師に相談しましょう。

目次へ戻る

ミノキシジルは誰でも使用してよい?

平山信夫 医師
Dクリニック名古屋
平山信夫先生

高血圧の方や低血圧の方、狭心症の方など、ミノキシジルを使用する前に医師に相談するべき方もいます。

ミノキシジルを使用したことで、高血圧や狭心症など循環器系の副作用が発現したという報告結果があります。

ただし、副作用が発現した方のほとんどには発現した循環器系異常の既往歴がありました。そのため、日本では循環器系異常の既往歴がある方はミノキシジルを使用する前に必ず医師に相談するよう注意喚起がなされています。

主に、以下に該当する方はミノキシジルを使用する前に必ず医師に相談しましょう。

  1. 高血圧患者の方
  2. 低血圧患者の方
  3. 狭心症など心臓に疾患をお持ちの方

他にも、甲状腺機能障害の方や持病で通院している高齢者の方も、ミノキシジルを使用する前に医師に相談することが大切です。

上記に該当しない方でも、アルコールを飲んだときのミノキシジルの使用は控えましょう。アルコールには一時的に血圧を下げる作用があるので、ミノキシジルを使用することで血圧が下がり過ぎてしまう恐れがあります。

目次へ戻る

AGA・薄毛治療についての無料カウンセリングや
初診のご予約はこちらから

費用や効果などの相談をしたい方

ご相談はこちら(無料)

AGA・薄毛の治療をお考えの方

専門の医師に診てもらう