ヘアメディカルプラス

あなたの髪の悩みを解決する専門メディア

AGA/薄毛の原因

AGA を引き起こす主な原因は、男性ホルモンですが、
その他に、抜け毛が増え薄毛が進む原因として、加齢・ストレス・食事・喫煙なども関わっていると考えられています。

男性ホルモン

AGAの最も大きな原因として考えられている男性ホルモンは、男性ホルモンのテストステロンが、5αリダクターゼという還元酵素の働きで、ジヒドロテストステロンというホルモンに変換され、毛包の中にある毛母細胞に入り込みます。このホルモンが毛乳頭細胞にある受容体に結合することにより、髪の成長を抑制してしまうと言われています。これがAGAの脱毛原因です。

遺伝

薄毛には遺伝的要素が大きく関係していると言われています。
遺伝により、男性ホルモンを受け取る受容体の遺伝子が生まれつき多い方の場合は、抜け毛や薄毛になりやすくなります。

遺伝子検査により、男性ホルモンの影響を受けやすい体質か否かを知り、個々にあった治療方針を立てることも可能です。

その他の原因

ストレスの影響

いろいろな病気の発症や悪化に関わっているとされるストレスですが、例えば自律神経やホルモンのバランスが崩れると、過剰な血管の収縮を招くなどして血行が悪化します。毛根に十分な栄養が運ばれないと、毛髪の成長が妨げられてしまうのです。

同時に、ストレスによってある種のコラーゲンが不足すると、髪の元になる毛母幹細胞の分化(毛母細胞への変化)が促進され、一方で分裂が抑制されるため、一時的に髪は伸びても毛母幹細胞の数が減少します。そこから誘導される毛母細胞も減ってしまい、結果として髪は細くなり伸びないというサイクルに陥ってしまいます。

食事・生活習慣の影響

髪の毛の生成に必須とされるビタミンやミネラル成分は日常の食生活では十分に摂取できない場合が多く、また同時に不規則な生活も髪の成長を妨げかねません。