ヘアメディカルプラス

あなたの髪の悩みを解決する専門メディア

ザガーロ

ザガーロカプセルとは

ザガーロカプセルの基本情報

ザガーロカプセル(以下、ザガーロ)はデュタステリドを有効成分とするAGA治療薬です。 グラクソ・ウェルカム社(現グラクソ・スミス・クライン社)によって、前立腺肥大症(BPH)を適応症として1994年から臨床開発が開始されました。デュタステリドを有効成分とする前立腺肥大症治療薬は2001年にアメリカで、2002年にはヨーロッパで承認されています。日本においても2008年に「アボルブカプセル0.5mg」として製造販売承認を取得しました。

その後、デュタステリドが生成を抑制するDHT(ジヒドロテストステロン)がAGAにも関与すると考えられるようになりました。そこで、AGAを適応症とするデュタステリド治療薬の開発が進められることとなったのです。 AGAを適応症とするデュタステリドは2009年に韓国で承認されましたが、アメリカやヨーロッパでは販売戦略上の理由によって、男性型脱毛症に対する開発を行わないことが決定されています。 日本においては2015年に承認され、2016年から販売が開始されました。

デュタステリドの科学的な情報は以下の通りです。

・化学名:N-[2,5-Bis(trifluoromethyl)phenyl]-3-oxo-4-aza-5α-androst-1-ene-17β-carboxamide
・分子量:528.53
・分子式:C27H30F6N2O2
・性状:白色、または微黄色の粉末(ザガーロカプセルは淡いオレンジまたは淡いピンク)
・融点242~252℃
・分配係数(log P):4.9

デュタステリド以外の添加物は、ジブチルヒドロキシトルエン、中鎖モノ・ジグリセリド、ゼラチン、グリセリン、濃グリセリン、酸化チタン、黄色三二酸化鉄、三酸化鉄、中鎖脂肪酸トリグリセリド、レシチンです。

ザガーロにはデュタステリドの含有量によって「ザガーロカプセル0.1mg」と「ザガーロカプセル0.5mg」の2種類があり、添付文書には「基本0.1mgを投与、必要に応じ0.5mgを投与する」とあります。しかし、実際のところ、臨床試験結果によると0.5mgの方が発毛効果が高く、副作用に差がないことが分かっています。そのため、医師の判断次第ですが、今後は0.5mgが主流となるかもしれません。 (参照※1※2)

目次へ戻る

ザガーロカプセルの効果、効能、薬理作用

・効果
ザガーロの有効成分であるデュタステリドは、体内にある酵素、5αリダクターゼの働きを阻害することによって、AGAの原因物質であるDHTの生成を抑制する効果が認められています。こうして、体内のDHT値が下がることで、ヘアサイクルの正常化・薄毛の改善効果が期待できるのです。
効果について詳しくは「ザガーロはどんな薄毛に効果がある?」の項目をご覧ください。

・臨床成績
ザガーロがAGA治療薬として承認される以前に、2010年から2012年にかけて世界規模の臨床試験が行われました。この第Ⅱ/Ⅲ相二重盲検比較試験(国際共同試験)は20歳から50歳の男性のAGA患者917例(日本人200例)を対象として、ザガーロ(0.02mg、0.1mg、0.5mg)、フィナステリド1mg、そしてプラセボを1日1回投与し、24週間の経過を比較するという形で行われました。

頭頂部の直径2.54cm内における非軟毛(直径30μm以上)の数の変化はザガーロ0.1mgを投与した場合、63本の増加、0.5mgを投与した場合で89.6本の増加が認められました。それに対して、フィナステリド1mgを投与した場合は56.5本の増加、プラセボは4.9本の減少となっていましたので、ザガーロはすでにAGA治療薬として承認されているフィナステリドよりも優位性が高いことがわかります。 髪の太さにおいても、同じく直径2.54cm円内における非軟毛の太さの合計はザガーロ0.1mgの場合で3.9、0.5mgにおいて5.8の増加が認められています。フィナステリド1mgの場合で4の増加、プラセボは0.9の減少でしたので、髪の太さにおいてもザガーロの優位性があることがわかりました。

日本国内ではより長期間にわたる投与試験も行われています。この国内長期投与試験は20歳から50歳のAGA患者120例を対象としたものです。 試験方法は他施設共同で行われ、ザガーロ0.5mgを1日1回の、52週にわたって投与し、安全性や有効性について検討されています。 この試験においては、頭頂部の直径2.54cm円内における非軟毛(直径30μm以上)の数は26週時点で87.3本、52週時点で68.1本の増加が認められました。 60μm以上の硬毛の数は26週時点で60.8本、52週時点で76.9本増加しています。 この結果から、毛髪の増加数は52週時点では落ちてしまいますが、健康な硬毛の数はより増加することがわかりました。 (参照※1※2)

・薬物動態
健康な成人男性36例に対してザガーロ0.5mgを投与し、薬物動態の調査が行われています。その結果、投与後1.5時間で最高血清中薬物濃度に達することがわかっています。

目次へ戻る

ザガーロカプセルの副作用

ザガーロは国内でも正式に承認されているAGA治療薬ですので、比較的安全に使用することが可能です。しかし、副作用の発現率は決して低いとはいえず、性機能障害をはじめとする副作用が引き起こされる可能性があります。

ザガーロの副作用について詳しくは「AGAに対して効果的なザガーロにはどんな副作用がある?」の項目をご覧ください。

目次へ戻る

ザガーロカプセルの用法用量

ザガーロは処方箋医薬品ですので、医師の処方を受け、指示に従って正しく使用しなければなりません。そこで、使用上の注意点をご紹介します。

・注意点
ザガーロの成分及び、他の5α還元酵素阻害薬に対し、過敏症の既往歴のある方、女性、小児、重度の肝機能障害のある方の使用は禁忌となります。

特に妊娠中、授乳中の女性に投与した場合、男性胎児、男児の生殖器発育に悪影響を及ぼす可能性があるため、注意が必要です。ラットの胚・胎児発生に関する試験(妊娠5~17日傾向投与)では、母動物の体重増加量の低値が2.5mg/kg/日以上投与した群で、妊娠期間の延長が認められ、次世代では雄胎児の雌性化(肛門生殖結節間距離の短縮、乳頭発達、尿道下裂または包皮腺拡張)が認められています。ウサギを対象とした試験においても、同様の傾向が見られ、妊娠中の女性の身体及び、胎児に影響を与える可能性が高いといえます。 また、ザガーロの有効成分であるデュタステリドは経皮吸収されるため、女性はカプセルから漏れた薬剤に直接触れることも避ける必要があります。

小児の使用に関しては、この年齢集団における有効性、安全性が共に確認されていないことから、投与することはできません。女性と同様に、カプセルから漏れた薬剤に直接触れることも避ける必要があることから、保管場所などにも注意が必要です。

ザガーロは主に肝臓で代謝されることから、肝機能障害のある方に投与した場合、血中濃度が上昇する恐れがあります。そのため、重度の肝機能障害を患っている方は使用できません。 重度ではないとしても肝臓機能に問題を抱えている場合、医師に深刻した上で、慎重に検討する必要があります。

禁忌にあたらない方の場合も、必ず容量を守って服用する必要があります。ザガーロは0.1mg、0.5mgともに1日1回の経口投与です。過剰な服用は副作用などのリスクを高め、健康被害を引き起こす可能性がありますので注意してください。

その他の注意点としては、前立腺特異抗原(PSA)に影響を与えることから、前立腺がんの検査を受ける際には、検査担当医師にザガーロを服用していることを伝える必要があります。 (参照※1※2)

・処方の流れ
AGA専門クリニックの他、一般病院の皮膚科でもザガーロの処方が可能なケースもあります。 専門クリニックの場合、カウンセリングや診察、必要に応じて検査を行った上で、ザガーロの処方を受けることが可能です。 一般病院の皮膚科の場合、簡単な診察のみで処方されるケースが多くなります。ただし、一般病院の場合、皮膚科であってもそもそもAGA治療を行っていないというケースもありますので、事前に確認しておく必要があります。

上記の通り、ザガーロが使用できないケースもありますので、必ず既往歴や、現在患っている病気、そして他に服用している薬がある場合は必ず伝えるようにしましょう。

AGA治療薬はザガーロだけではありませんし、服用薬以外を用いた治療法もあり、AGA専門クリニックであれば、治療法の選択肢も広く、より自分に合った治療法を選ぶことができます。そのため、基本的にはAGA専門クリニックの利用がおすすめです。

目次へ戻る

その他Q&A

Q組み合わせのOK、NGはある?
Aザガーロには併用禁忌薬はないものの、併用注意薬はあります。具体的にはCYP3A4阻害作用を有する薬剤で、リトナビルなどです。
これらの薬剤と併用することによって、デュタステリドの血中濃度が上昇する可能性があるためです。 いずれにしても、同時に服用している薬がある場合は、必ず医師に伝えた上で指示を仰ぐ必要があります。 (参照※2)

Q円形脱毛症などへの効果はある?
Aザガーロの適応症はあくまでAGAのみです。そのため、円形脱毛症など、他の脱毛症への治療に使用することはできません。有効性も確認されていませんので、そもそも効果が得られない可能性が高いといえます。
それぞれの脱毛症に適した治療法・対策がありますので、薄毛専門クリニックや皮膚科などで適切な治療を受けることをおすすめします。

Qザガーロの効果の限界は?
AザガーロはAGAの原因物質であるDHTの生成を抑制することによって、進行を食い止め、ヘアサイクルを正常な状態に戻すことによって、改善効果が期待できる治療薬です。
すでにご紹介しましたが、臨床試験でもザガーロを服用することによって発毛が認められています。 とはいえ、ミノキシジル外用薬のように直接毛母細胞に働きかけるといった積極的な発毛効果はないことから、その効果には限界があるといえます。 そのため、ザガーロはミノキシジル外用薬と併用することによって、より高い効果を期待することができます。

Qザガーロをやめるとどうなる?
Aザガーロの服用を中止すると、再びDHTが生成されるようになりますので、一度改善できていても再びAGAを発症する可能性があります。
そのため、辞め時などはありませんが量を減らすといった選択肢はあります。

Qザガーロのジェネリック医薬品はある?
A2018年10月の段階では、日本国内で認められているザガーロのジェネリック医薬品は存在しません。
そもそも、ザガーロは2015年に承認され、2016年に発売されたばかりの新薬ですので、当面の間は日本国内でザガーロのジェネリック医薬品の製造・販売をすることはできません。 海外では安価なザガーロのジェネリック医薬品が製造・販売されており、日本国内でも海外ネット通販・個人輸入などを通じて入手することは可能です。しかし、海外ではAGA治療薬の偽物も多く流通していますし、本物であっても品質に保証はありません。そのため、期待する効果を得ることができなかったり、重篤な副作用・健康被害などのリスクもありますので推奨されません。安全に使用するために、専門クリニックや一般病院での処方を受け、正規のザガーロを購入するようにしましょう。

Qアボルブとの違いは何?
Aアボルブもザガーロと同様に、デュタステリドを有効成分とする医薬品です。
しかし、適応症が前立腺肥大症として承認されたものです。 ただ、ザガーロと有効成分が同じであることから、AGAに対する効果も期待でき、また価格も安価なことからジェネリック医薬品と混同されてしまいがちです。 基本的にはAGA治療に使用されることはありませんが、一部のAGA専門クリニックでは処方してもらえるケースもあります。ただし、適応外の処方となることから、信頼できる専門医師の判断のもとで使用する必要があります。

目次へ戻る

ザガーロはどんな薄毛に効果がある?

薄毛の女性のイメージ

ザガーロが発毛に作用するメカニズムとは?

ザガーロカプセル(以下、ザガーロ)は、薄毛、AGA治療に用いられる内服薬で、有効成分はデュタステリドという物質です。 AGAは男性ホルモンであるテストステロンが体内にある酵素の5αリダクターゼと結びつくことによって生成されるDHT(ジヒドロテストステロン)によって引き起こされることがわかっています。 DHTが毛根にあるホルモン受容体に感知されることによって、髪の成長記が阻害され、ヘアサイクルが乱されてしまうのです。

デュタステリドは5αリダクターゼの働きを阻害することによって、AGAの原因物質となるDHTの生成を抑制する効果が認められています。AGAは進行性の脱毛症ですので、治療を行わずに放置すると、どんどん進行していきます。そこで、ザガーロを用いて治療を行い、進行を食い止めることができます。 (※3,4)

目次へ戻る

ザガーロはM字の薄毛に効果的?その理由は?

男性の薄毛の中でも特に多いのが生え際の後退です。特にM字型と呼ばれる薄毛が成人男性に多く見られます。 薄毛になるのは40代以上の男性というイメージが持たれがちですが、M字の薄毛は20代でも発症し、進行していくケースも少なくありません。

生え際からM字型に進行していく薄毛症状はAGAが原因である可能性が高いことがわかっています。AGAにはこの他にも頭頂部から薄毛が進行するO字型、そして生え際と頭頂部の両方が同時に進行するU字型というパターンがありますが、これはAGAの原因物質であるDHTを生成する5αリダクターゼが前頭部と頭頂部に多く存在するからとわれています。

AGAが原因で起きるM字の症状であれば、先ほどもご紹介しました通りザガーロの使用が有効です。 自己判断をせず、早めに専門の医師に診てもらい、適切な治療を行いましょう。

目次へ戻る

ザガーロに育毛・発毛効果はある?進行を食い止めるだけ?

AGAを発症している方がザガーロを服用した場合、「脱毛部位に太く長い毛の本数が増える」という効果があると、国内外の臨床試験によってポジティブな結果が報告されています。 20~50歳のAGA患者を対象とした試験では、頭頂部(直径2.54円内)の24週時における非軟毛の毛髪数の増加が以下の通り、認められています。

・ザガーロカプセル0.1mg:63.0本の増加
・ザガーロカプセル0.5mg:89.6本の増加

本数だけでなく、「毛髪の太さ」にも変化が報告されています。頭頂部と前頭部のいずれの箇所においても効果が認められていますが、特に頭頂部への効果が高いとされています。 この結果から考えると、AGAを発症している方の場合、ザガーロを使用することによって育毛・発毛効果を期待できると言えるでしょう。

ただし、、ザガーロのメカニズムを考えるとAGAの原因物質に作用し、進行を食い止めるということが主な役割です。AGAの進行がストップすることで、ヘアサイクルが改善され、結果として薄毛の進行が抑制されます。 より高い育毛・発毛効果を期待するのであれば、毛根に直接働きかけて細胞分裂を活発化することによって発毛・育毛を促進する効果が認められているミノキシジルとの併用が有効です。 基本的にザガーロとミノキシジルは問題なく併用することができますが、より安全に、そして高い効果を期待するのであれば、専門の医師の指導に従って使用するようにしましょう。 (参照※3)

目次へ戻る

ザガーロ内服時の身体への影響は体の数値を変える?

上記の通り、ザガーロはAGAによる薄毛に対して高い効果を期待することのできる治療薬です。しかし、多くの方が使用するにあたって、体への悪影響に不安を抱いているでしょう。 まず、数値で考えるとザガーロを服用することによってDHT値は下がります。DHTが薄毛症状の悪化に関与していることからDHT値の低下は薄毛の改善においてポジティブな効果であると考えられるでしょう。

この他には5αリダクターゼの働きが阻害されることによって、勃起不全(ED)やリビドー減退(性欲減退)、精液量減少といった性機能障害といった副作用が引き起こされるケースも報告されています。 これは5αリダクターゼは頭部以外にも前立腺や陰茎にも存在しており、勃起などの性機能に関わる働きをしているためです。 国際共同第Ⅱ/Ⅲ相試験(2010~2012)によると、ザガーロの服用による副作用の発現率は17.1%となっています。そして、その大部分が性機能障害でした。

とはいえ、試験中止に至るような重大な副作用は認められておらず、正しい容量・用法を守れば安全に使用することのできる治療薬といえるでしょう。 また、性機能障害の副作用が出たとしても、ザガーロには併用禁忌薬がないことからED治療薬を使用することで対策は可能です。

上記の通り、ザガーロによって引き起こされる副作用の多くは性機能障害ですが、発現率1%未満の割合で、蕁麻疹やアレルギー反応、発疹、頭痛、抑うつ気分、乳房障害、腹部不快感などが発生したという報告もあります。また、重篤な副作用としては肝機能障害や黄疸などが引き起こされたというケースもあります。これらの発現頻度は不明で、非常に稀なケースですが、重篤な副作用についてはASTやALT、ビリルビンの上昇を伴うことから、血液検査によってチェックすることができます。 専門クリニックで処方を受ければ、万が一副作用が発生した場合もすぐに相談し、対処することができます。なので、個人輸入などに頼るのではなく、専門の医師の処方の上で使用することが推奨されます。 (参照※5)

目次へ戻る

ザガーロは女性でも使用できる?

ザガーロを女性が使用することはできません。 薄毛といえば、男性特有の悩みというイメージが持たれがちです。しかし、薄毛や抜け毛といった悩みを抱えている女性も決して少なくありません。上記の通り、男性のAGAに対して、ザガーロは高い効果を期待することができますが、そもそも女性の薄毛については効果がありません。

男性胎児の成長に深刻な悪影響を及ぼす恐れがありますので妊娠中の女性や授乳婦にとってザガーロは禁忌薬です。

目次へ戻る

ザガーロの服用ができないケース

女性以外でも、未成年の方やザガーロの成分や5αリダクターゼ阻害薬に対する過敏症をお持ちの方、既往歴がある方も使用できません。 過去に薬を服用した際に過敏症を引き起こしたことのある方は当てはまる成分が含まれていないか十分に確認し、必ず医師に相談するようにしましょう。

また、ザガーロは肝臓で代謝されることから、重度の肝機能障害のある方も服用できません。十分に代謝されずに血中のデュタステリドの濃度が上昇しすぎてしまう恐れがあるためです。ただ、肝機能障害のある方に投与した場合の薬物動態については、現時点ではまだ明らかにはなっておらず、やはり専門の医師にしっかりと相談した上で指示に従うようにしてください。 (参照※3)

目次へ戻る

ザガーロはどのくらい使用すれば効果が出る?

ザガーロの服用によって効果を実感できるまでの期間は平均して6ヶ月から1年ほどです。 すでにご紹介した通り、ザガーロによる発毛効果はヘアサイクルの正常化によるものです。一般的に、正常なヘアサイクルの期間は成長期が約2~6年、退行期が約2週間、そして休止期が約3~4ヶ月です。 長いサイクルで人間の髪は成長していきますので、ザガーロによってヘアサイクルが正常化されたとしても、十分な栄養を蓄えた髪の毛が成長するまでにはある程度の時間を要するのです。 そのため、最低でも6ヶ月から1年ほどは継続して服用しなければ、治療による効果を実感することはできません。

ザガーロを用いた治療をはじめたばかりの場合、抜け毛が増えるというケースもあります。これは「初期脱毛」と呼ばれる症状ですので心配する必要はありません。休止期の髪が抜け落ちて、新しく健康な髪が発毛するための準備期間にあたり、ヘアサイクルを正常化するための過程のひとつです。すべての人に初期脱毛が起こるわけではありませんが、この時点で体質に合わないと自己判断し、服用を中断しないよう注意が必要です。 あまりに初期脱毛の量が多かったり、期間が長かったりといった場合は、専門の医師に相談してみましょう。

目次へ戻る

ザガーロを使用しても効果が出ないことがある?

すでにご紹介した通り、通常は平均して6ヶ月~1年ほどでザガーロによる治療の効果を実感できるケースが多いとされています。しかし、一方で1年以上が経過したにもかかわらず、効き目が出ないという場合もあるのです。

いくつかの理由が考えられますが、AGA以外の理由によって、育毛や発毛が妨げられている可能性があります。 生活習慣も髪に大きな影響を与えるものです。いくらAGA治療薬を使用しても、発毛や髪の成長に必要なタンパク質やミネラル、ビタミンなどが不足していては薄毛を改善することはできません。 また、頭皮に合わないシャンプーなどの使用も頭皮環境を悪化させ、発毛や育毛を阻害します。 この他にも、睡眠不足は成長ホルモンの生産を阻害しますし、過度なストレスは血行を悪化させ、頭皮環境の悪化を招きます。

過度の飲酒や喫煙といった習慣が薄毛を引き起こす原因となっているケースも少なくありません。

ザガーロは確かにAGA治療において高い効果を期待することのできる治療薬ですが、万能というわけではありません。ザガーロを用いた治療と同時に、生活習慣も見直さなければ十分な効果を得ることはできないのです。

AGA治療を行う際には、同時に毎日の生活を一度振り返ってみましょう。普段何気ない自分の生活習慣が、髪に対して悪影響を及ぼしていたというケースも少なくありません。 薄毛を引き起こす原因は、実にさまざまなところに潜んでいるものです。AGAだけが原因であると決めつけるのではなく、あらゆる角度から薄毛を引き起こしている要因を探し、その上で改善を目指しましょう。

目次へ戻る

AGAに対して効果的なザガーロにはどんな副作用がある?

頭をおさえる女性のイメージ

ザガーロを使用すると抜け毛が増える?初期脱毛とは?

ザガーロカプセル(以下、ザガーロ)によるAGA治療を開始すると、初期の段階で抜け毛が増加するケースがあります。これは初期脱毛と呼ばれるものです。 ザガーロは頭頂部や前頭部などにある酵素の5αリダクターゼの働きを阻害して、男性ホルモンのテストステロンがAGAの原因であるDHT(ジヒドロテストステロン)になるのを抑制する働きがあります。その結果、ヘアサイクルを正常化し、薄毛が改善されるというメカニズムです。 初期脱毛にはこのヘアサイクルが大きく関係しています。

人間の髪は放っておくとずっと伸び続けるもの……そんなイメージを抱いている方も多いかもしれませんが、発毛し、髪が成長していく成長期、そして成長が緩やかになる退行期、完全に成長がストップし、やがて抜け落ちていく休止期といったサイクルがあります。これがヘアサイクルです。

AGAを発症すると成長期が短縮されたり、阻害されたりすることによって十分な成長ができなくなってしまいます。これがヘアサイクルの乱れです。 ザガーロによってヘアサイクルが改善されると、新しく健康な髪が生えるために、十分に成長できないまま休止期となってしまった髪が抜け落ちるのです。これが初期脱毛となります。

つまり、初期脱毛はザガーロの効果が表れはじめた証拠であり、新たに健康な髪が発毛する準備段階であるといえるでしょう。そのため、特に心配する必要はありません。 初期脱毛の表れ方は人によって異なりますので、逆に起こらなかったとしても、薬が効いていないというわけではありませんので、安心して治療を継続しましょう。

一般的に初期脱毛の期間は、症状が出てから2~3ヶ月程度とされています。あまりにも期間が長い場合や、症状が重いと感じられる場合、自己判断で服用を中止するのではなく、専門の医師に相談した上で対策を打つことが大切です。 (参照※6)

目次へ戻る

ザガーロを使用すると肝臓に影響が出る?

ザガーロを服用することによって起こりうる副作用の中でも、代表的な例として挙げられるのが肝機能障害です。 では、なぜザガーロの使用は肝臓に影響するのでしょうか?

ザガーロは肝臓で代謝される薬です。そのため、肝臓にある程度の負担がかかると考えられています。とはいえ、肝機能障害などが引き起こされるケースは非常に稀です。 肝臓に負担をかける可能性があることから、肝機能障害を患っている方は医師に深刻した上で指示に従うようにしてください。

肝機能障害や黄疸といった副作用についてはAST(GOT)、ALT(GPT)、ビリルビンなどの数値が上昇することから、血液検査によってチェックすることが可能です。そのため、不安な方は定期的に検査を受けるようにしましょう。

目次へ戻る

ザガーロを使用すると鬱になる?精神的な影響は?

すでにご紹介した通り、ザガーロの有効成分であるデュタステリドには、酵素の5αリダクターゼの働きを阻害することによってAGAの原因物質であるDHTの生成を抑制する働きがあります。 つまり、ザガーロを服用することによってDHT値が低下することになります。

DHTは単にAGAを引き起こすだけでなく、やる気や気力を出す強力な作用があることがわかっています。そのため、DHTの生成が抑制されることによって、気力の低下やうつ症状を発症するケースがあるのです。 しかし、発現率は1%未満と低く、稀な副作用であるといえるでしょう。

目次へ戻る

ザガーロの使用は子供に悪影響を及ぼす?

ザガーロの女性への使用は禁忌となっています。まず、女性の薄毛への効果については認められていません。そして、何よりも大きな理由となっているのが子供への悪影響です。 妊娠中の女性が服用すると、男性胎児の生殖器官等に影響を及ぼす可能性があるとされています。また、皮膚からも成分が吸収されることから、直接触れることも避ける必要があるのです。 子作り時期や、妊娠中の女性との生活中の場合、服用や置き場所も含めた配慮が必要といえます。

また、詳しくは後述しますが、ザガーロの副作用として性機能障害が発現することがあります。これは子供への悪影響ではありませんが、これから子作りを考えている方は、男性の性欲減退が生じる可能性がわずかではありますがあります。そのため、医師と相談した上で使用するようにしましょう。

目次へ戻る

ザガーロを使用すると胸が大きくなる?女性化乳房とは?性機能に影響はある?

ザガーロの副作用としてもっとも多く報告されているのが性機能障害です。 国際共同第Ⅱ/Ⅲ相弛緩においても、報告されている副作用の大部分が性機能障害となっています。具体的な症状としては勃起不全(ED)やリビドー減退(性欲減退)、精液量減少などが挙げられます。 ザガーロの有効成分であるデュタステリドは、酵素の5αリダクターゼの働きを阻害する効果が認められています。これは、AGA治療において重要な薬理作用ではありますが、これが性機能障害を引き起こすと考えられています。 5αリダクターゼは頭部のみでなく、前立腺や陰茎にも存在しており、勃起などの性機能に関わる働きをしているためです。その働きがザガーロによって阻害されることから、性機能障害が引き起こされてしまいます。

また、ザガーロの副作用として女性化乳房、乳房肥大も挙げられます。これはその名の通り、女性のように胸が大きくなってしまうという症状です。 男性の体内にも一定の女性ホルモンが存在しますが、その分解が遅れるため、ホルモンバランスが崩れ、体に影響を及ぼしてしまうことが原因と考えられています。 肥大化以外にも、乳頭痛や乳房不快感といった症状も報告されていますが、いずれも発現率は低く、稀な副作用であるといえます。

この他に、性機能に関する副作用として起こりうるものとして、精巣痛なども挙げられますが、発現頻度は高くはありません。

目次へ戻る

ザガーロによって副作用が起こる頻度は?

上記の通り、ザガーロによるAGA治療によって、いくつかの副作用が起こる可能性があります。では、その頻度はどの程度なのでしょう? 国際共同第Ⅱ/Ⅲ相試験(2010~2012年)において、臨床検査値異常を含む副作用の発現率は557例の内、95例で、17.1%となっています。 その中でも、特に高い割合を占めているのが、先ほどもご紹介した性機能障害です。 もっとも多かったのが勃起不全(ED)で、4.3%。日本人に限定すると5.0%となっています。次いで、リビドー減退(性欲減退)が3.9%、精液量減少が1.3%となっています。 発現率が1%未満の副作用としては、発疹、頭痛、抑うつ気分、乳房障害(女性化乳房、乳頭痛、乳房不快感)、腹部不快感などが報告されています。

そして、頻度不明の起こりうる副作用としては、蕁麻疹、アレルギー反応、瘙痒症、限局性浮腫、血管浮腫、浮腫性めまい、味覚異常、精巣痛、精巣腫脹、脱毛症(主に体毛脱落)、多毛症、腹痛、下痢、倦怠感、血中クレアチンホスホキナーゼ増加などが挙げられます。

17.1%というと、かなりの高い割合に思えるかもしれませんが、軽微なものも含まれており、逆に重篤な副作用起こったという報告は稀です。 特に重篤な副作用としては、先ほどもご紹介しましたが、肝機能障害や黄疸が挙げられます。こちらも発生頻度は不明となっていますが、稀なケースであると考えていいでしょう。

確かにザガーロを服用することによって副作用が引き起こされる可能性はありますが、容量や用法を守って正しく使用すれば、安全に使用することができます。 とはいえ、副作用が起こる可能性はゼロではありませんので、専門のクリニックなどで医師による指導に従って使用するようにしましょう。そうすることで、ザガーロの安全性や効果をより高めることができます。

目次へ戻る

ザガーロを安全に使用するために

いうまでもないかもしれませんが、ザガーロを安全に使用するためには、容量・用法を守ることが大切です。 ザガーロには有効成分のデュタステリドの含有量が0.1mgのものと0.5mgのものがあります。成人男性の場合、通常は0.1mgのものは1日1回、服用します。専門の医師の判断のもと、必要であれば0.5mgのものを1日1回服用してください。

服用の際の注意点としては、カプセルの内容物が口内や喉の粘膜を刺激することがあるため、カプセルは噛んだり開けたりせずに服用しなければなりません。 また、ザガーロは継続して使用する必要があります。人によっては投与開始後12週間で改善が認められることもありますが、通常は6ヶ月間の服用が必要となります。 また、6ヶ月異常服用してもAGAの改善がみられない場合には、専門の医師の判断のもとで中止・または継続服用を検討すべきです。

また、この他にも以下の注意点があります。

・服用中の献血はできない
ザガーロの服用中は輸血、献血ができません。服用を中止した後も、血中濃度が下がるまでに一定の時間が必要となります。 ザガーロの有効成分であるデュタステリドが体外に排出されるまでには12~20週間程度の時間がかかるとされており、ザガーロを休薬する場合、この日数を考慮してください。また、数値が正常に戻るまでには約6ヶ月が必要であるという点も頭に入れておく必要があります。

・前立腺がんの検査を受ける際の注意点
ザガーロは前立腺がん検査における数値に影響を与える可能性があります。そこで、正しい診断を受けるために、ザガーロを服用している旨を担当する専門の医師に報告してください。

・併用注意薬がある
ザガーロには併用禁忌薬はありません。しかし、その一方で併用注意薬があります。CYP3A阻害作用のある薬と併用すると、ザガーロの血中濃度が上昇する可能性がありますので注意が必要です。 他に服用している薬がある場合、必ず専門の医師に報告の上で、指示を仰ぐようにしてください。

・個人輸入による購入は推奨されない
ザガーロは個人輸入によって購入することも可能です。しかし、海外で流通しているものの中には偽造薬も多く、非常にリスクが高いのです。 また、ここでご紹介しました通り、ザガーロを服用することによって副作用が起こる可能性もあります。そのため、自己判断での使用は危険です。安全に、そして効果的に使用するためには、専門のクリニックなどで専門の医師の診断・検査などの上で処方を受けることが推奨されます。

目次へ戻る

参照

※1医薬品インタビューフォーム
https://gskpro.com/content/dam/global/hcpportal/ja_JP/products-info/zagallo/zagallo-if.pdf

※2ザガーロカプセル0.1mgザガーロカプセル0.5mgに関する資料
http://www.pmda.go.jp/drugs/2015/P20151001001/340278000_22700AMX01012_B100_1.pdf

※3男性型および女性型脱毛症診療ガイドライン2017年版
https://www.dermatol.or.jp/uploads/uploads/files/AGA_GL2017.pdf

※4男性型脱毛症治療の現状と今後の展望
https://www.jstage.jst.go.jp/article/fpj/133/2/133_2_78/_pdf

※5グラクソ・スミス・クライン「ザガーロカプセル0.1mgザガーロカプセル0.5mgに関する資料
http://www.pmda.go.jp/drugs/2015/P20151001001/340278000_22700AMX01012_B100_1.pdf

※6男性型および女性型脱毛症診療ガイドライン2017年版
https://www.dermatol.or.jp/uploads/uploads/files/AGA_GL2017.pdf

目次へ戻る

AGA・薄毛治療についての無料カウンセリングや
初診のご予約はこちらから

費用や効果などの相談をしたい方

ご相談はこちら(無料)

AGA・薄毛の治療をお考えの方

専門の医師に診てもらう