ヘアメディカルプラス

あなたの髪の悩みを解決する専門メディア

AGA治療薬の副作用

カルテに記入する医者のイメージ

AGA治療薬の中でも、処方される頻度の高い治療薬が、プロペシア・ザガーロ・ミノキシジルの3つです。いずれもAGA治療に効果があり、安全性も確認されていますが、処方薬のため、使い方によっては副作用が起こる可能性があります。また、プロペシアとザガーロには、取り扱いに注意しなくてはならない点があります。医療機関でしっかりと血液検査を受けて自分に合った治療薬を選び、正しく服用・使用すればリスクの少ない治療ができます。

今回は、知っておきたい3種類のAGA治療薬による副作用の可能性や、使用上の注意点についてご紹介します。

プロペシアの副作用と、使用上の注意点は?

平山信夫 医師
Dクリニック名古屋
平山信夫先生

少数ではありますが、リビドー減退(性欲減退)・勃起機能不全・肝機能障害などが副作用として報告されています。

AGA治療薬の中でも、広く認知されているのがプロペシア(フィナステリド)。AGAを誘因する体内酵素5aリダクターゼの働きを阻害する「5α-還元酵素阻害薬」で、脱毛を抑制・改善するのに役立ちます。

プロペシアの副作用として報告されているのは、リビドー減退(性欲減退)・勃起機能不全・肝機能障害など。臨床試験では、安全評価対象276例中、11例に14件/約4%の割合で副作用が認められています。数字としては大変少ないものの、可能性はゼロではありません。医師と相談の上、計画的に投薬を進めていけば安心です。

使用上の注意点

  1. プロペシアの主成分フィナステリドは、他の薬剤と同じく主に肝臓で代謝されます。肝機能の低下や障害がある人は、服用を続けると肝機能障害が出る可能性があります。投薬前に医師に相談しましょう。
  2. プロペシアを服用すると、前立腺がんの発見に有効なPSA(血清前前立腺特異抗原)検査の値を下げてしまいます。PSA検査を受ける時は、必ず服用していることを医師に伝えましょう。
  3. プロペシアは女性男性型脱毛症(FAGA)に対する有効性が認められていないため、女性に処方されることはありません。また、妊娠中の女性に投与すると、男性胎児の正常発育に悪影響を及ぼします。触るだけでも経皮吸収される可能性があるため、カプセルやコーティングから漏れた薬剤に、誤って女性や小児が触れないように注意しましょう。
  4. 口腔内の粘膜を刺激することがあるので、薬剤を噛むのはもちろん、割って服用しないでください。

目次へ戻る

ザガーロの副作用と、使用上の注意点は?

平山信夫 医師
Dクリニック名古屋
平山信夫先生

プロペシア同様、リビドー減退(性欲減退)・勃起機能不全・肝機能障害などが報告されています。プロペシアよりも効果持続時間が長いため、副作用の割合も少し上がります。

ザガーロは、プロペシアと同じ「5α-還元酵素阻害薬」です。半減期(血中の有効成分濃度が半分になるまでにかかる期間)がプロペシアよりも長いのが特徴で、プロペシアが6~8時間程度であるのに対し、ザガーロは2週間程度。血中に留まる期間が長いため、AGAの改善に高い効果を発揮します。 ザガーロも、プロペシアと同様にリビドー減退(性欲減退)・勃起機能不全・肝機能障害が副作用として挙げられており、臨床試験では、安全評価対象557例中、95例/17.1%程度で副作用が認められています。こちらも医師と相談の上、血液検査などで適性を見極めながら投薬を進めて行くと安心です。

使用上の注意点

プロペシアと同様です。肝機能に問題のある方は使用に注意し、女性・小児は使用・接触しないようにくれぐれも気をつけましょう。

目次へ戻る

ミノキシジルの副作用と、使用上の注意点は?

平山信夫 医師
Dクリニック名古屋
平山信夫先生

副作用として、適用部位のそう痒感や発疹、めまい、動悸、血圧上昇などの症状が報告されています。

AGA治療における代表的な外用薬がミノキシジル。頭皮に塗布することで血流を改善して細胞分裂を活発にし、発毛や髪の成長を促進してくれる効果があります。もともとは、高血圧治療用の経口薬として用いられていましたが、1980年頃、外用によって脱毛症を回復する効果が発見されたため、AGA治療に用いられるようになりました。プロペシアやザガーロとは薬理作用が異なるため、併用することが可能です。

副作用として報告されているのは、適用部位のそう痒感、発疹、めまい、動悸、血圧上昇など。平成21年のモニター店による調査では、発現率は約8%。安全な治療薬といえますが、使用上の注意はしっかりと守りましょう。また、肌の状態が悪い時には使用を中断し、様子を見てください。

使用上の注意点

  1. ミノキシジルには血管拡張作用があるため、高血圧症や狭心症など、循環器系の疾患がある方が使用する時は、必ず医師に相談しましょう。
  2. もともと肌が弱い方や、過去に薬で肌にアレルギー反応を起こしたことがある方は注意が必要です。
  3. ミノキシジルはプロペシアやザガーロと異なり、女性のFAGAに対する有効性も認められています。しかし、妊娠中の服用に関する安全性は未だ確保されていません。妊娠中の方は当然のこと、妊娠している可能性のある方も、服用は避けてください。

目次へ戻る

AGA・薄毛治療についての無料カウンセリングや
初診のご予約はこちらから

費用や効果などの相談をしたい方

ご相談はこちら(無料)

AGA・薄毛の治療をお考えの方

専門の医師に診てもらう