ヘアメディカルプラス

あなたの髪の悩みを解決する専門メディア

髪の悩みガイド

本当に効果がある発毛剤は何?有効成分は?

本当に効果がある発毛剤を見極めるためには、その製品に含まれる有効成分に目を向けてみましょう。なぜなら、製品によって配合されている有効成分や濃度が異なるため、必然的に得られる効果も変わってくるからです。今回は、本当に効果のある発毛剤の特徴に加え、多くの発毛剤に含まれている有効成分についてご紹介します。

発毛剤にはどんな種類がある?

日本国内で販売・処方されている発毛剤は大きく分けて2種類あります。ひとつは頭皮に直接塗布する外用薬タイプ、そしてもうひとつが錠剤型の経口薬タイプです。


・外用薬タイプの発毛剤(塗る発毛剤) 頭皮に直接塗布する外用薬タイプの発毛剤には、AGA(男性型脱毛症)治療にも用いられるミノキシジルという有効成分が配合されています。これは専門クリニックなどで処方されている他、一般の小売店などでも購入可能です。

例えば、市販発毛剤のひとつである「スカルプDメディカルミノキ5」には、男性の薄毛治療において推奨されている5%濃度のミノキシジルが配合されています。使用時は用法・用量を正しく守りましょう。


・経口薬タイプの発毛剤(飲む発毛剤) 経口薬タイプの発毛剤として一般的なのがフィナステリドを配合したものです。フィナステリドは男性ホルモン、DHT(ジヒドロテストステロン)の生成を阻害することで知られています。

効果が出るまでは、半年程度の時間が必要なため、継続して服用する必要があります。男性型脱毛症の治療薬として利用されているため、その他の脱毛症への効果は認められていません。フィナステリドの他、経口薬としては、5α還元酵素の I 型、II 型の両方に対する阻害剤であるデュタステリドがあります。 (※1)

目次へ戻る

AGA治療に効果的な発毛剤は?

フィナステリドやデュタステリドは男性型脱毛症の治療薬として用いられています。これらの治療薬には、5α還元酵素という酵素の働きを阻害し、AGAの原因物質であるDHT(ジヒドロテストステロン)の生成を抑制する作用があります。AGAによる薄毛の原因に直接作用する数少ない治療薬といわれています。

フィナステリド、デュタステリドの他、AGAに利用される外用薬としては、ミノキシジル外用薬、アデノシン外用、t-フラバノンの外用、ケトコナゾールの外用などがあり、効果の度合いはさまざまです。発毛剤以外では、LED および低出力レーザー照射、成長因子導入および細胞移植療法などがあります。どのような治療を行うかは、専門の医師に相談しながら、自分に合った方法で進めていくことが大切です。 (※1)

目次へ戻る

薄毛の原因に合わせた対策が最も重要?

どのような治療法で、どのような効果が出るかは人によってさまざまです。AGAの治療では自分に合った方法で治療を進める必要があります。

人によってはフィナステリドが効果的な場合もあれば、フィナステリドで効果が実感できなくてもデュタステリドでAGAが改善されることもあります。そのため、治療をはじめる前に原因分析を行い、自分に合った治療方法を選ぶことがAGA改善の近道です。

薄毛治療の専門クリニックでは、AGAリスク遺伝子検査などによって薄毛の原因を検査し、その人に最も適切な治療を提案します。薄毛に悩んでいる人こそ、まずは専門の医師による診察・検査を受けることから始めましょう。

目次へ戻る

参照

※1男性型および女性型脱毛症診療ガイドライン2017年版
https://www.dermatol.or.jp/uploads/uploads/files/AGA_GL2017.pdf

AGA・薄毛治療についての無料カウンセリングや
初診のご予約はこちらから

費用や効果などの相談をしたい方

ご相談はこちら(無料)

AGA・薄毛の治療をお考えの方

専門の医師に診てもらう

薄毛治療の専門クリニック紹介

あなたにオススメの記事をチェック