ヘアメディカルプラス

あなたの髪の悩みを解決する専門メディア

髪の悩みガイド

育毛と発毛はどう違う?それぞれの効果的な方法は?

「発毛」と「育毛」の明確な違いは、意外と知られていません。一般的に発毛は治療的な意味合いが強く、育毛は髪の健康維持や薄毛の予防を目的としています。もちろん、目的や症状によって選択する必要があるため、この2つに優劣があるわけではありません。今回は、発毛と育毛の具体的な違いや、それぞれの効果的な方法をいくつかご紹介します。

育毛と発毛の違いとは?

育毛と発毛は全くの別物ですが、混同されてしまいがちです。とりわけ育毛という言葉は幅広い意味で使われており、「発毛と同じ」と考える人もいるかもしれません。一般的に、育毛とは髪や頭皮を健やかに保つための行為を指します。どちらかというと、今ある髪の毛を長く太く育てるための方法です。一方の発毛は治療的な意味合いが強く、髪を生えさせることを指します。

まだ薄毛にはなっていないものの、将来的な抜け毛・薄毛を防ぎたい場合は育毛を選択した方がよいかもしれません。一方、AGA(男性型脱毛症)などの脱毛症によって薄毛が進行している場合、髪の毛を生えさせる発毛治療が必要となります。育毛と発毛には違いがありますので、自分の症状に合わせて考えてみるとよいでしょう。

目次へ戻る

育毛に効果的な方法は?

育毛において重要なのが生活習慣の見直しです。不摂生な生活を送っていたり、ストレス過多の状態は髪の毛の成長に悪影響を与えます。いくつかポイントがありますが、まずチェックすべきは自分の食生活です。髪の成長にはタンパク質やミネラル、各種ビタミンなどの栄養素が欠かせません。偏った食生活で、これらの栄養素が摂れていない場合は、食生活を改善する必要があるでしょう。

食生活の他、髪に悪影響を与える習慣も見直すべきです。例えば、喫煙は血管を収縮させるため、血行を悪化させます。摂取した栄養素は血液によって頭皮へと運ばれますので、血行が悪化すると頭皮まで栄養が届きにくい状態になるのです。

過度の飲酒も、髪に悪影響を及ぼします。アルコールは肝臓でアセトアルデヒドを経て、酢酸に分解されます。飲酒量が多いと分解が間に合わず、アセトアルデヒドが体内に回ってしまいます。アセトアルデヒドは、脱毛を促進する男性ホルモン「DHT」を増加させる働きがあり、薄毛を促進させてしまうのです。

育毛には生活習慣の見直しが欠かせません。心あたりがある人は、一つひとつ改善していきましょう。

目次へ戻る

発毛に効果的な方法は?

発毛は男性特有の薄毛の原因であるAGAの治療で行われます。AGAは男性ホルモンの一種であるDHT(ジヒドロテストステロン)により発症する脱毛症です。DHTは、男性ホルモンのテストステロンと5α5α還元酵素が結びつくことにより体内で生成されます。AGA治療に用いられるフィナステリドやデュタステリドといった内服薬には、5α還元酵素の働きを阻害する作用があります。 (※1)

また、ミノキシジル外用薬を用いた治療も行われており、AGAの治療手順として「ミノキシジル外用薬、もしくはフェナステリドの内服を1年間行い、効果が得られた場合は継続して行う」とされています。フィナステリドやデュタステリド、またはミノキシジル外用薬を使った治療は、さまざまな専門のクリニックで行われており、その効果が実証されています。 (※1)

AGAを発症している可能性がある方は、専門のクリニックで診察を受け、どの治療方法が発毛につながるのか、専門の医師に相談してみるとよいでしょう。

目次へ戻る

参照

※1男性型脱毛症治療の現状と今後の展望
https://www.jstage.jst.go.jp/article/fpj/133/2/133_2_78/_pdf

AGA・薄毛治療についての無料カウンセリングや
初診のご予約はこちらから

費用や効果などの相談をしたい方

ご相談はこちら(無料)

AGA・薄毛の治療をお考えの方

専門の医師に診てもらう

薄毛治療の専門クリニック紹介

あなたにオススメの記事をチェック