ヘアメディカルプラス

あなたの髪の悩みを解決する専門メディア

髪の悩みガイド

育毛剤と発毛剤って同じもの?何が違うの?

代表的な抜け毛・薄毛対策として、育毛剤と発毛剤の使用があげられます。しかし、それぞれの明確な違いが分からず、混同している人も少なくありません。今回は、育毛剤と発毛剤の違いについてご紹介します。

育毛剤と発毛剤の違いって何?

育毛剤は医薬部外品に分類されるもので、発毛剤は医薬品の中でも第1類医薬品のことを指します。これは薬事法という法律によって定められた区分です。医薬部外品とは、厚生労働省が認可した効果・効能に有効な成分が一定の濃度で配合されているものとなります。あくまでも治療ではなく、特定の症状の防止や衛生が目的です。

医薬品は特定の病気や症状の治療を目的としたものです。こちらも厚生労働省によって、配合されている有効成分の効果が認められています。基本的に医薬品は、医師による処方が必要ですが、大衆薬(OTC)としてドラッグストアなどで市販されているものもあります。

この分類から考えると、育毛剤は「抜け毛・薄毛を予防する効果が期待できるもの」であり、発毛剤は「薄毛治療に用いられるもの」と分けられます。なお、医薬品および医薬部外品とは別に「薬用」と表記されている育毛剤・育毛シャンプーも市販されています。こちらは医薬部外品に認められる表記ですので、「薬用=医薬部外品」と考えて問題ありません。

この他の分類として、化粧品もあげられます。化粧品は医薬部外品よりも効能や効果が緩やかなものです。清潔を保つ・健康を保つ・美化するといった目的で使用されます。 (参照※1)

目次へ戻る

育毛剤と発毛剤、本当に効果があるのはどっち?

一般的に薄毛を予防したいのであれば育毛剤を、すでに発症しているAGAなどの治療の際には発毛剤を使用することになります。育毛剤は主に予防、発毛剤は主に治療と、それぞれ役割が異なっているため、どちらの方が優れているかを比較することはできません。効果に関しては、商品ごと、または人によって異なるというのが現実です。

育毛剤はともかく、発毛剤のイメージがつきにくい人もいるかもしれません。一般的な発毛剤として、主にAGA治療で用いられるフィナステリドやデュタステリド配合の治療薬があげられます。これらはAGAの原因物質であるDHT(ジヒドロテストステロン)の生成を抑制させる治療薬です。同時に頭皮のヘアサイクルを正常化させ、健康的な髪の毛の発毛を促します。

すでにAGAを発症している場合、育毛剤のみでは改善できない可能性が高いといえます。フィナステリドやデュタステリドなどの内服薬、そしてミノキシジル外用薬などの発毛効果が期待できる治療薬を使用することが大切です。 (参照※1※2)

目次へ戻る

薄毛はクリニックでの治療がベスト?

薄毛治療で用いられるフィナステリドやデュタステリドといった成分を配合した発毛剤は、医師の処方を必要とする薬剤です。そのため、国内のドラッグストアなどで手に入れることができないのが現状です。

すでにAGAなどの脱毛症にともなう薄毛を発症している場合、育毛剤や市販の発毛剤だけでは治療できない可能性があります。

AGAを発症している方は、専門クリニックや皮膚科で専門の医師に相談して状態を把握してもらい、症状に合わせて発毛剤を処方してもらいましょう。AGAなどの脱毛症の症状改善には、自分に合った方法で治療を進めることが大切です。

目次へ戻る

参照

※1男性型および女性型脱毛症診療ガイドライン2017年版
https://www.dermatol.or.jp/uploads/uploads/files/AGA_GL2017.pdf

※2男性型脱毛症治療の現状と今後の展望
https://www.jstage.jst.go.jp/article/fpj/133/2/133_2_78/_pdf

AGA・薄毛治療についての無料カウンセリングや
初診のご予約はこちらから

費用や効果などの相談をしたい方

ご相談はこちら(無料)

AGA・薄毛の治療をお考えの方

専門の医師に診てもらう

薄毛治療の専門クリニック紹介

あなたにオススメの記事をチェック