ヘアメディカルプラス

あなたの髪の悩みを解決する専門メディア

髪の悩みガイド

育毛剤と育毛シャンプーの有効成分や効果に違いはある?

抜け毛・薄毛は、男女共通の悩みといえます。身近なドラッグストアなどでも、多くの育毛剤や育毛シャンプーが市販されていますが、その有効成分や効果について疑問を抱いている方もいるのではないでしょうか。 これらは自身の頭皮・髪質と相性のよいものを適切な方法で使用していれば、一定の効果が期待できるものです。そこで今回は、市販の育毛剤と育毛シャンプーに含まれる有効成分の違いについてご紹介します。

市販の育毛剤の有効成分は?

市販されている育毛剤には実にさまざまな有効成分が含まれています。中でも、高い改善効果を期待できるのがミノキシジル外用薬です。ミノキシジル外用薬はAGA(男性型脱毛症)治療にも用いられる発毛の有効成分であり、毛包に直接作用して毛母細胞の分裂を活性化させる効果があります。同時に血行促進効果もあり、頭皮環境の正常化や発毛・育毛が期待できます。

この他、育毛の有効成分として、アデノシンも毛髪の成長に対する一定の効果が認められています。ヘアサイクルにおける成長期の毛伸長率と太毛率を高めることが分かっています。

近年ではカルプロニウム塩化物を有効成分として配合した男性向けの育毛剤も登場しています。ミノキシジル外用薬などに比べると効果が実証しきれていないものの、人によっては育毛効果があるといわれています。

これら以外にも、育毛剤、発毛剤にはさまざまな成分が配合されていますが、中には医学的根拠の乏しい成分もあるので注意が必要です。 (参照※1※2)

目次へ戻る

市販の育毛シャンプーの有効成分は?

市販の育毛シャンプーに多く含まれているのは、アミノ酸系の成分です。アミノ酸は頭皮や髪の毛の元になる成分のひとつで、アミノ酸系の成分を含んだシャンプーは、低刺激でありながら十分な洗浄力があるといわれています。また、皮脂の過剰分泌を起こしにくいといわれており、頭皮環境の悪化を防ぐことができます。ヘアサイクルの正常化といった効果が期待できるかもしれません。

また、シャンプーは種類だけでなく、洗い方に注意することが必要です。洗い方が悪いと、汚れを落とせていなかったり頭皮を傷つけてしまったり、頭皮環境を悪化させてしまいます。シャンプー選びと同時に髪の洗い方も見直しましょう。 (参照※1)

目次へ戻る

育毛剤と育毛シャンプーの併用はできる?

目的が異なるため「育毛剤と育毛シャンプーは併用できる」と考える方が普通でしょう。しかし、有効成分の組み合わせによっては十分な効果が得られない他、副作用のリスクも伴います。そのため、薄毛の有効成分が配合されている育毛剤・シャンプーを利用する際、自己判断での併用は控えた方がよいでしょう。

どうしても併用したいという場合は、専門の医師に相談することをおすすめします。副作用がでない組み合わせを教えてもらうことができるでしょう。副作用にはさまざまな種類があるため、専門の医師の判断を仰いでから併用する方が安心です。 (参照※3)

目次へ戻る

参照

※1男性型および女性型脱毛症診療ガイドライン2017年版
https://www.dermatol.or.jp/uploads/uploads/files/AGA_GL2017.pdf

※2ミノキシジルの発毛作用について
https://www.jstage.jst.go.jp/article/fpj/119/3/119_3_167/_pdf

※3ミノキシジルのリスク区分について
http://www.mhlw.go.jp/file/05-Shingikai-10601000-Daijinkanboukouseikagakuka-Kouseikagakuka/0000023431_1.pdf

AGA・薄毛治療についての無料カウンセリングや
初診のご予約はこちらから

費用や効果などの相談をしたい方

ご相談はこちら(無料)

AGA・薄毛の治療をお考えの方

専門の医師に診てもらう

薄毛治療の専門クリニック紹介

あなたにオススメの記事をチェック