ヘアメディカルプラス

あなたの髪の悩みを解決する専門メディア

髪の悩みガイド

抜け毛の防止に本当に効果的な治療法は?

古くからの民間療法を含めると、抜け毛防止・対策にはさまざまな選択肢があります。残念ながらその多くは医学的根拠の乏しいものであり、すべての方法で効果が得られるわけではありません。一方、近年では医療技術の進歩にともなって、高い改善効果が期待できる治療法が確立されています。今回は、抜け毛防止に対して効果のある治療法をいくつかご紹介します。

AGAには治療薬が有効?

AGAは男性特有の脱毛症であり、最も多くみられる薄毛の原因でもあります。AGAは、DHT(ジヒドロテストステロン)と呼ばれる男性ホルモンの働きによって引き起こされます。DHTは体内のテストステロンが酵素の一種である5αリダクターゼ(5α還元酵素)と結びつくことで生成されます。DHTが毛包のホルモン受容体(アンドロゲンレセプター)と結合すると、ヘアサイクルにおける成長期が阻害され、抜け毛・薄毛を引き起こします。

今日のAGA治療には、フィナステリドやデュタステリドなどの有効成分を配合した治療薬が使われています。これらの成分は5αリダクターゼの働きを阻害し、DHTの生成を抑制します。DHTの生成を抑制することで、結果的に抜け毛や薄毛を改善することができるのです。

同時に毛母細胞に直接作用し毛髪の成長を促すミノキシジル外用薬も併用という手段もあります。治療薬の使用については、医師の診断のもと、自分の症状・原因に合わせて進めるようにしましょう。 (参照※1※2)

目次へ戻る

食生活の改善が抜け毛防止につながる?

髪の毛はタンパク質の一種によって構成されています。そのため、発毛や髪の成長には食品から摂取するタンパク質が欠かせません。ただし、タンパク質さえ十分にあればよいというわけではありません。亜鉛などのミネラルや、各種ビタミンをバランスよく摂取する必要があります。

いくらAGA治療を行っても、髪の毛の成長に欠かせない栄養が不足しては十分な改善が期待できません。その他の抜け毛防止や薄毛対策・治療と並行し、食生活を見直しましょう。また、食習慣の改善と合わせて、サプリメントを利用する方法もあります。食事だけでは補えきれない栄養素は、サプリメントを有効活用して摂取しましょう。

目次へ戻る

ストレスケアが抜け毛防止につながる?

人間はストレスを感じると交感神経が緊張状態となり、全身の血管が収縮します。この状態が続くと血行が悪化し、髪の成長に必要な栄養素が頭皮まで届きにくくなるのです。間接的ではありますが、ストレスも薄毛を引き起こす原因となっています。

対策としては、日々の生活で受けるストレスの軽減や、十分なストレスケアがあげられます。生活習慣の乱れによる睡眠不足もストレスの原因になりますので、まずは毎日の生活を見直してみましょう。また、ストレスをため込まないように意識することも大切です。定期的に趣味に没頭する時間や、リフレッシュ・リラックスできる時間を確保するようにしてください。

長期的かつ過度なストレスを受け続けると、髪以外にも悪影響が出始めます。心身ともに健康でいることが、本当の意味で効果の抜け毛・薄毛防止対策になります。

目次へ戻る

参照

※1男性型および女性型脱毛症診療ガイドライン2017年版
https://www.dermatol.or.jp/uploads/uploads/files/AGA_GL2017.pdf

※2男性型脱毛症治療の現状と今後の展望
https://www.jstage.jst.go.jp/article/fpj/133/2/133_2_78/_pdf

AGA・薄毛治療についての無料カウンセリングや
初診のご予約はこちらから

費用や効果などの相談をしたい方

ご相談はこちら(無料)

AGA・薄毛の治療をお考えの方

専門の医師に診てもらう

薄毛治療の専門クリニック紹介

あなたにオススメの記事をチェック