ヘアメディカルプラス

あなたの髪の悩みを解決する専門メディア

髪の悩みガイド

AGAのセルフチェック方法は? 症状や遺伝から自己診断し、早期発見を

「髪が薄くなった気がする」「朝起きたときやシャンプー時の抜け毛が気になる」などのお悩みから、「もしかするとAGAかもしれない」と不安に思われている方も多いのではないでしょうか。まずはAGAの可能性を、簡単なセルフチェックで判断してみましょう。AGAのリスクは、髪の状態や生活環境、遺伝的要素などから知ることができます。また、近年では潜在的なリスクを知るために、遺伝子検査や遺伝子検査キットの活用も進められています。 そこで今回は、AGAのセルフチェック方法や、遺伝子検査・遺伝子検査キットの概要などについてご紹介します。

AGAのセルフチェックポイントは?

毛量や抜け毛の量、髪の毛の状態はもちろん、遺伝的要素、生活習慣などもチェックしてみましょう。

AGAのリスクは、下記のような症状・状態からチェックできます。

  1. 【毛髪の状態】
    • 生え際が後退している気がする
    • 頭頂部が薄くなった気がする
      生え際・頭頂部の薄毛は、AGAの典型的な症状。特に頭頂部は、正面から鏡を見ているだけでは   なかなか気づきにくく発見できないため、初期段階を見落としてしまいがちです。
    • 以前より抜け毛が増えた気がする
      通常の方の1日の抜け毛は約80~100本程度。200本以上抜けている場合はAGAの疑いがあります。 枕や浴室の排水溝などにたくさん抜け毛が見られるようになると要注意です。
    • 産毛のように細くて短い髪が増えた・抜け毛にも混じっている
      AGAになると、通常2~6年であるヘアサイクルが数カ月~1年と短くなる(ミニチュア化)ため、成長しきらない髪が早く抜けてしまうことが起こります。
    • 髪に元気がない
    • 同年代と比較して、毛量が少ない
  2. 【頭皮の状態】
    • 頭皮が硬い・つっぱる感じがする
      AGAになる方は、そうでない方より頭皮が薄いという研究結果があります。薄い頭皮は潤いを保ちづらく、硬く乾燥しやすくなるため、このような症状が起こります。
    • 枕につく臭いが強くなった(と言われる)
      AGAの原因となるDHT(ジヒドロテストステロン)を作る「5αリダクターゼ」という酵素が毛母細胞(毛髪をつくる細胞)の中で活性化すると、頭皮や額の皮脂分泌が活発に。その皮脂が酸化すると臭いの元になるのです。
  3. 【遺伝的要素】
    • 両親や母方の親族、または父方の祖父が薄毛である
      AGAの素因の一つとして遺伝があげられます。遺伝の情報は父方より母方の祖父や曾祖父との相関性が強いといわれています。これは、DHT(ジヒドロテストステロン)と結合するアンドロゲン受容体の遺伝子がX染色体上にあるため、母からその性質を受け継ぐ確率が極めて高いからです。父方の遺伝情報が強くでることもありますが、一般的には母方の遺伝情報が強くでることが多いとされています。
  4. 【生活習慣】
    • 日頃からストレスがたまっている
      ストレスは体のホルモンバランスを乱します。
    • 慢性的な寝不足である
      睡眠中に成長ホルモンが十分に分泌されず、毛髪の成長にも支障をきたします。
    • 食生活が偏っており、油っこいものが好き
      頭皮が皮脂でつまりやすくなり、毛髪の成長を妨げる危険性があります。

上記の項目(特にA、B、C)に多くあてはまる場合は、AGAの可能性があります。また、あてはまるものが少ない場合でも、AGAになる可能性はゼロではありません。こまめにセルフチェックを行い、髪の状態に気を配ることが大切です。少しでも不安な要素がある方は、セルフチェックシートで自分の頭皮・頭髪環境を総合的にチェックしてみましょう。

目次へ戻る

AGAが遺伝しているかどうかを知る方法は?

AGA治療を行うクリニックで遺伝子検査を受けるか、AGAの遺伝的リスクを調べる検査キットを利用しましょう。

AGAは、遺伝と大変関係が深い脱毛症。両親・親族などの近親者に薄毛の方がいる場合、薄毛になりやすい遺伝子を受け継いでいる可能性があります。

遺伝の有無を知るためには、
1)AGA治療を行うクリニックで遺伝子検査を受ける
2)AGAの遺伝的リスクを調べる検査キットを利用する
という2つの方法があります。検査ではAGAを引き起こす可能性のある遺伝子の有無や、男性ホルモンに対する感受性を調べることができます。検査によってAGAになりやすい体質かどうかが分かるため、現在薄毛に悩んでいる方はもちろん、将来的に薄毛になるのではと不安を感じている方にもおすすめです。

クリニックで遺伝子検査を行う時は、血液・粘膜を採取して検査・解析を行い、約1カ月後に結果をお伝えします。 一方、遺伝子検査キットは自宅などでも気軽に行える検査方法で、専用容器で唾液を採取して郵送すると、検査機関で遺伝子検査が行われ、こちらも約1カ月後にAGAの発症リスクが記された報告書が届きます。

AGA治療は、何よりも原因を知ることが大切。例えば、生活習慣からAGAを発症してしまった方と、遺伝的要素からAGAを発症してしまった方とでは治療や対処法が異なります。AGAの遺伝的リスクを知り、早い段階からケアを行うことで、AGAの効果的な予防・改善につなげることができます。

目次へ戻る

AGAかもしれない場合の治療法は?

AGA治療を専門としているクリニックを受診することをおすすめします。

AGAの予防・改善は、AGA治療を専門としているクリニックに相談しましょう。薬局などで購入できる外用薬を使ったセルフケアを考える方も多いですが、ある程度進行した方にはクリニックでの治療のほうが高い改善効果に期待できます。AGAの進行を防ぐ内服薬(飲み薬)が、原因に合わせて適切に処方されますので、なるべく早めにクリニックを受診し、AGA治療をはじめましょう。 AGA予備軍の方にも、クリニックでの治療をおすすめします。クリニックでは治療についての無料相談やAGAのメディカルチェックを行っていますので、「AGAかもしれない」「薄毛の進行度を知りたい」という方も正しい今の状態を知り、早期からAGA予防に取り組むことができます。

目次へ戻る

AGA・薄毛治療についての無料カウンセリングや
初診のご予約はこちらから

費用や効果などの相談をしたい方

ご相談はこちら(無料)

AGA・薄毛の治療をお考えの方

専門の医師に診てもらう

薄毛治療の専門クリニック紹介

あなたにオススメの記事をチェック